Sponsored Links$hide=mobile

現行501STFの魅力

ジーンズの好み、重視するところは人によって様々です。私が考える現行の501 Shrink to Fitの魅力について以下に書きます。

生デニムを使用しているため、リーバイス伝統のシュリンクトゥフィットを体験できる。

衣料品として驚異的な長寿、歴史を持つ501は誕生から生デニムをしています。生デニムが縮む特性を利用し、穿く人に合った最適なフィット感を実現するシュリンクトゥフィットはリーバイス501のまさに原点です。


私は当初は縮むと言う短所をあたかも長所の様に宣伝する単なるマーケティング的な宣伝文句なのではないかと多少懐疑的でしたが、実際に体験してみて、シュリンクトゥフィットの素晴らしさを実感しました。


これは感じ方、人にもよると思いますが、実際に良い、利点であると思う人が多くなければ、ずっと前に生デニムを使用する事は中止されているはずです。

501に防縮加工済みのデニムをラインに加えたのは1984年です。それ以前の製品は全て生デニム、シュリンクトゥフィット品でした。つまり、ヴィンテージの501は全て生デニムでした。


ヴィンテージ•リーバイスも魅力はたくさんありますが、シュリンクトゥフィットを体験するためには未使用かほぼそれに近い状態でなければなりません。基本的にはデッドストックのものに限られます。


デッドストックは希少なため、値段が非常に高くなるなります。また、仮にお金が払えたとしても、自分にあったサイズのデッドストックがあるとは限りません。

適正なサイズでなければ、シュリンクトゥフィットの魅力を体験することはできません。つまり、現行品は、ヴィンテージで味わう事は難しいーバイス伝統のシュリンクトゥフィットを手軽に体験する事を可能にしています。


豊富なサイズと色のバリエーションがある


ウエストは、28インチから46インチまであります。標準的なサイズの場合は1インチ刻みで選択できます。米国の現行品は、さらに、レングスの長さを選べる事が大きな特徴です。


自分に合ったレングスを選べば、裾直しの必要はありません。色も多数取り揃えているのが特徴です。基本はリジッド(インディゴ)ですが、ブラック等他の色も選択できます。

アバクロやディーゼル等もカラージーンズをラインナップに揃えだしていますが、501STFは従来から豊富な色揃えが既にされています。個人的には生のブラックがあることに魅力を感じます。

流行、時代を超越した飽きのこないシルエット


ジーンズも時代ごとに流行のスタイル、シルエットがあります。501はいつの時代でも受け入れられる流行、時代を超越した究極のシルエットだと思います。


私もかつてイタリアンデザイナーのジーンズ等を穿いたりした事もありましたが、すぐに飽きてしまいました。501は本当に飽きがこない真の定番だと思います。

伝統的なデザインディテールの継承と若干の新しいディテールの融合


ジーンズの標準と言える5ポケットのデザインは501が原型です。フロントポケット取り付け強化にリベットを採用、ボタンフライ、バックポケットにアーキュエット•ステッチ、赤タブと言った501伝統の基本デザインを継承しています。


リーバイス501の大きな特徴とも言えるボタンフライは、生デニム使用と重要な関係があります。生デニムは洗濯後大きく縮むため通常のジーンズで採用されているジップフライには向きません。ボタンフライであることが、シュリンクトゥフィットを可能にします。


現行モデルは、これら501の伝統的な特徴を継承しながら、細かなところで新たなディテールも備えています。その一つは、2色のステッチを使っている事です。


1960年代のヴィンテージ501でも二つの色のステッチを使用しているモデルがありますが、1970年代以降のモデルでは、基本的にオレンジ一色のみでした。(バータック部を除く)
現行モデル(少なくともリジッドとブラック)では、フロントの合わせ部、ベルトループの縦側の平行ステッチ、アーキュエットは黄色のステッチ、それ以外のステッチの色はオレンジです。アーキュエットのシェイプも少し深めにとっていて、黄色のステッチと相成って現行モデルの特徴となっています。

個人的な意見としては、ブラックに黄色のステッチはとても映えると思います。細かいところですが、新鮮さを感じます。

12.5オンスデニム採用


米国製501は長年14オンスのデニムを採用していましたが、現行のモデルは12.5オンスのものです。尚、最新のブラックは11.5オンスです。(少し前まで12.5オンスだったと思います。)


軽めのデニムの方が柔らかさはあり、一回洗濯した程度でもかなり柔らかくなります。軽めのデニムが今は主流なようで、それに則している様です。

この生地に対する見方、意見は分かれています。米国の以前からの501ユーザーは総じて、米国製の14オンスデニムを懐かしがる傾向が強いです。


一方で、近年のトレンド的な観点や色落ちの点では、米国製のものよりも今の一般のユーザーのニーズには合っている様にも思います。

自分も穿きだして間がないのであまりはっきりしたことは言えませんが、経験と感覚的には、色落ちは米国製14オンスデニムよりも早めに色落ちしそうに思います。また、多少なりとも縦落ちになる様な印象を持っています。


穿き心地やフィット感の点では、現時点でも満足度は非常に高いです。これはまさにシュリンクトゥフィットの醍醐味だと思っています。


米国製のデッドストックも持っているので、こちらもしばらくしたら下ろして現行との比較や穿き比べをしてみようと思っています。


非常に優れたコストパフォーマンス


上に書いた様なたくさんの魅力を持ちながら、現行の501 Shrink-to-Fitは現在とても値ごろな価格で販売されています。


COMMENTS


Sponsored Links


Sponsored Links$hide=mobile



名前

101-J,12,13MWZ,2,40年代,2,501 66後期,3,501 66前期,6,501 ロングデイ,11,501-1995,10,501CT,37,501STF,72,501XX,6,501と505の比較,1,501の手入れ法,10,501の歴史,20,505C,14,506xx,6,507xx,8,517,5,557と70505の違い,3,60年代,4,70505,12,80年代,11,866,1,877,1,Beatles,11,Bob Dylan,3,Book,2,Bruce Springsteen,8,eBay,1,food recipe,1,George Clooney,2,George Michael,1,Greeting,4,Jacob Davis,3,James Corden,2,James Dean,1,Ladies,4,Lee,9,Lee vs リーバイス,6,Lee200,8,Levi's,1,Love Me Do,1,LVC,11,Made in the USA製品,9,memory,2,Music,28,My Levi's 501,10,News,8,Paul McCartney,8,Prince,2,Ramones,4,Red Wing,23,redwing,12,Rolling Stones,6,SNS,9,Steve Jobs,5,Twitter,8,Very Special Memory,2,vintage catalog,1,vintage Levis,2,VOGUE,4,Western Style,2,Wrangler,11,アメリカ文化,3,ヴィンテージ,8,ヴィンテージ・ポスター,4,ヴィンテージ501,43,ヴィンテージ505,9,ヴィンテージジージャン,60,ヴィンテージディテール,1,ヴィンテージの手入れ,9,ヴィンテージの着こなし,7,ヴィンテージの魅力,10,ヴィンテージバンダナ,2,ヴィンテージラングラー,3,ヴィンテージリーバイス販促品,5,ヴィンテージ研究考察,26,ヴィンテージ考,7,ヴィンテージ小物,9,ヴィンテージ全般,14,ウエスタンシャツ,1,オススメ,10,お知らせ,6,ギャラ入り,1,コーンミルズ,4,コラム,2,サード,13,ジーンズのサイズ,6,ジーンズの選び方,4,ジーンズの魅力,3,ジーンズ考,8,ジーンズ市場考察,5,ジーンズ用語,3,ジェーンバーキン,4,シンディクロフォード,2,スティーブマックイーン,6,スペシャルヴィンテージ,2,セカンド,2,タイプ物,5,タブレット,4,デニムのオンス数,4,デニムの歴史,13,ビデオ,9,ファースト,2,ブランケット付きジージャン,2,ブログ運営,9,ペンドルトンウールシャツ,8,ボーイフレンドジーンズ,4,マーロンブランド,6,モデル・年代判定,4,モハメッドアリ,1,リーバイス,17,リーバイス 501,32,リーバイス 501 レディース,20,リーバイス・オンラインストア,1,リーバイス・スタジアム,3,リーバイス505,8,リーバイスコマーシャル,8,リーバイスの歴史,29,リーバイスブック,10,リーバイス考察,42,リーバイス製品とのつき合い,8,リーバイス発表・広告,6,ロングホーンインポートFlash!,19,映画・映画俳優,7,革パッチ501XX,3,現行リーバイス501,18,最古のジーンズ,4,女性用リーバイス,23,色落ち,8,人気記事,1,製品比較,18,石鹸・洗剤,5,穿き込み経過レポート,22,日米現行製品比較,3,米国製501,22,用語解説,2,料理,1,
ltr
item
私のリーバイス: 現行501STFの魅力
現行501STFの魅力
http://1.bp.blogspot.com/-SG9GtvgmUa8/UBni04x_2mI/AAAAAAAAAsQ/uY1kXIqiXjI/s400/Blk&Indigo02.jpg
http://1.bp.blogspot.com/-SG9GtvgmUa8/UBni04x_2mI/AAAAAAAAAsQ/uY1kXIqiXjI/s72-c/Blk&Indigo02.jpg
私のリーバイス
http://www.mylevis501.com/2012/08/501stf.html
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/2012/08/501stf.html
true
2278967306116535087
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy