Sponsored Links$hide=mobile

ビーチボーイズとペンドルトンとリーバイス

昨日の記事でリーバイスとペンンドルトンの主力製品との関係やその歴史に類似点が多い事について書きました。両社とも60年代に飛躍的な成長を遂げその後幅広い消費者層、市場に浸透し今日に至っています。60年代にペンドルトンとリーバイスの組み合わせが一躍世間の注目を集めた事があります。

60年代の米国のバンドでビーチボーイズをご存知の方は多いかと思います。またどんなバンドか知らなくても、名前は聞いた事がある人がほとんどだと思います。ビーチボーイズのサーフィンUSAは多分どこかで必ず耳にした事があるかと思います。聞いた事がない!、と言う方は以下のYouTubeのビデオをクリックして聞いてみて下さい。



この60年代を代表するバンドの一つ、ビーチボーイズは実は元々デビューした時の名前はなんとペンドルトンズだったのです!

(以下、加筆修正しております。修正内容は、ホワイトリーバイスがペンドルトンズ・ビーチボーイズの様な書き方をしていたためです。)

1963年にリリースされたMajorettsの”ホワイトリーバイス(White Levis)"がヒットチャートのトップに躍り出て、グループとともにペンドルトンの名前も一躍世間の注目を集めました。



”私の彼氏はいつもリーバイスにテニスシューズ、サーフィンハット、そして大きな格子のペンドルトンのシャツを着てるのよ。”と言う歌詞です。一回聞くととても覚えやすい歌で、大ヒットするのも分かる気がします。カリフォルニアのビーチでは、ペンドルトンのシャツにホワイトリーバイスの出で立ちが若者達の間で大流行となります。



Majorettsの”ホワイトリーバイス”の大ヒットのすぐ後、ペンドルトンズと言う名前のぐるーぷがカリフォルニアのサーフィンシーンの歌を続々とリリースし一大ブームとなります。

ペンドルトンズはビーチボーイズにバンド名を変更します。しかしその後も、Tシャツの上にペンドルトンのボードシャツ、下にはカーキ色のパンツをユニフォームとして着続けました。

(加筆修正終わり。ホワイトリーバイスはMajorettsで、ビーチボーイズはペンドルトンのシャツにボトムズはカーキのパンツでした。)


(写真はLA Timesのブログから引用しています。)

こうして振り返ってみると60年代は本当にいろんな事があったのだな〜と改めて思います。世界的に有名で後にも残るミュージシャンやバンドはこの時期本当に多くありました。ペンドルトンやリーバイスはその時代の若者達の文化とともに成長してきたのだと思うと感慨深いものがあります。60年代の製品に惹きつけられる様な魅力を感じるのは、その製品が生まれた時代背景と密接な関わりがあると思います。

激動の60年代とリーバイス"と言う記事も書いておりますので、よかったらご覧になってみて下さい。


-->

COMMENTS


Sponsored Links


Sponsored Links$hide=mobile



名前

101-J,12,13MWZ,2,40年代,2,501 66後期,3,501 66前期,6,501 ロングデイ,11,501-1995,9,501CT,37,501STF,72,501XX,6,501と505の比較,1,501の手入れ法,10,501の歴史,20,505C,14,506xx,6,507xx,8,517,5,557と70505の違い,3,60年代,4,70505,12,80年代,11,866,1,877,1,Beatles,11,Bob Dylan,3,Book,2,Bruce Springsteen,8,eBay,1,food recipe,1,George Clooney,2,George Michael,1,Greeting,4,Jacob Davis,3,James Corden,2,James Dean,1,Ladies,4,Lee,9,Lee vs リーバイス,6,Lee200,8,Levi's,1,Love Me Do,1,LVC,11,Made in the USA製品,9,memory,2,Music,28,My Levi's 501,10,News,8,Paul McCartney,8,Prince,2,Ramones,4,Red Wing,23,redwing,12,Rolling Stones,6,SNS,9,Steve Jobs,5,Twitter,8,Very Special Memory,2,vintage catalog,1,vintage Levis,2,VOGUE,4,Western Style,2,Wrangler,11,アメリカ文化,3,ヴィンテージ,8,ヴィンテージ・ポスター,4,ヴィンテージ501,43,ヴィンテージ505,9,ヴィンテージジージャン,60,ヴィンテージディテール,1,ヴィンテージの手入れ,9,ヴィンテージの着こなし,7,ヴィンテージの魅力,10,ヴィンテージバンダナ,2,ヴィンテージラングラー,3,ヴィンテージリーバイス販促品,5,ヴィンテージ研究考察,26,ヴィンテージ考,7,ヴィンテージ小物,9,ヴィンテージ全般,14,ウエスタンシャツ,1,オススメ,10,お知らせ,6,ギャラ入り,1,コーンミルズ,4,コラム,2,サード,13,ジーンズのサイズ,6,ジーンズの選び方,4,ジーンズの魅力,3,ジーンズ考,8,ジーンズ市場考察,5,ジーンズ用語,3,ジェーンバーキン,4,シンディクロフォード,2,スティーブマックイーン,6,スペシャルヴィンテージ,2,セカンド,2,タイプ物,5,タブレット,4,デニムのオンス数,4,デニムの歴史,13,ビデオ,9,ファースト,2,ブランケット付きジージャン,2,ブログ運営,9,ペンドルトンウールシャツ,8,ボーイフレンドジーンズ,4,マーロンブランド,6,モデル・年代判定,4,モハメッドアリ,1,リーバイス,17,リーバイス 501,32,リーバイス 501 レディース,20,リーバイス・オンラインストア,1,リーバイス・スタジアム,3,リーバイス505,8,リーバイスコマーシャル,8,リーバイスの歴史,29,リーバイスブック,10,リーバイス考察,42,リーバイス製品とのつき合い,8,リーバイス発表・広告,6,ロングホーンインポートFlash!,19,映画・映画俳優,7,革パッチ501XX,3,現行リーバイス501,17,最古のジーンズ,4,女性用リーバイス,23,色落ち,8,人気記事,1,製品比較,18,石鹸・洗剤,5,穿き込み経過レポート,22,日米現行製品比較,3,米国製501,22,用語解説,2,料理,1,
ltr
item
私のリーバイス: ビーチボーイズとペンドルトンとリーバイス
ビーチボーイズとペンドルトンとリーバイス
https://i.ytimg.com/vi/x3Q0kWPk3uI/hqdefault.jpg
https://i.ytimg.com/vi/x3Q0kWPk3uI/default.jpg
私のリーバイス
http://www.mylevis501.com/2012/11/blog-post_29.html
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/2012/11/blog-post_29.html
true
2278967306116535087
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy