Sponsored Links$hide=mobile

隠された501の魅力

501はその誕生時からずっと未加工の生デニムを使用してきました。生デニムは洗濯すると縮みます。この一見短所にしか見えない特性を利用して着用者の体型にフィットさせることを、リーバイスはシュリンクトゥフィットと呼んでいます。

洗うと縮む、縮む事を考慮したサイズを選ばなければならない。普通に考えるとめんどくさいだけで、しかも、サイズ選びに失敗する恐れもある。どう考えても、利点ではなく、欠点としか思えません。

リーバイスは80年代に防縮加工デニムを使用した501を製品ラインに追加したり、洗い加工した物も提供してきました。しかし、今でも生デニムを使用した501のモデルは存在し、リーバイスの主力製品であり続けています。また、復刻やレプリカブランドのジーンズも生デニムを使用しています。

つまり、生デニムに何か魅力がなければ、ずっと以前に淘汰されていたはずです。それでは、生デニムの魅力とは何なのでしょうか?

考え方はひとそれぞれ異なると思いますが、ここでは一般的な例として、考えてみたいと思います。

この質問に対する答えで一つ考えられるのは、「一から育てる楽しさ」になるかと思います。未加工の状態から穿き込んで、色落ちを楽しむ。自分だけのジーンズに育てる楽しさがあると思います。

糊落としをいつするか?それともしないでずっと穿くのか?糊落としの方法はどうするのか?糊を完全に落とすのか?乾燥機を使うのか?次の洗濯をするのはいつか?洗濯後は自然乾燥にするのか?その後の洗濯の頻度はどの位にするのか?等、選択肢は色々あり、人によって取り扱い方、手入れの仕方は大きく異なります。取り扱い方、手入れの仕方でジーンズは一本一本が個性的になっていきます。

これは確かに生デニムの楽しみの一つです。しかし、防縮加工済み、糊付きデニムでも基本的に同様の過程を楽しめます。防縮加工されているため、サイズ選びはよりしやすくなります。つまり、育てる楽しさだけであれば、生デニムよりも防縮加工済み糊付きデニムの方がサイズ選択の容易性の分、優位性や利便性があると思います。

それでは、防縮加工済みに対する生デニムの利点、魅力は何なのでしょうか?

防縮加工では得られなくて、生デニムであるがために得られるもの。。。
それはシュリンクトゥフィットです。

実際のところ、シュリンクトゥフィットを魅力と考える人はあまり多くない様な気がします。シュリンクトゥフィット、縮む事でフィットすることについて書かれた感想、好意的な意見は現時点であまり聞いたり、ネット上で目にすることはありません。しかし、その利点を無意識に体感している様なケースが多いのではないかと思います。

ジーンズを穿き込んでいくと着用者の体型に自然とフィットしていく。これは基本的なジーンズの特性です。防縮デニムでも得る事ができますが、生デニムでは特にそうです。穿き心地が良くなり、結果的に満足度が高い。あるいは、不満は少ない。と言う様なことがあるのではと思います。

私はシュリンクトゥフィットは、一般的にあまり明確に認知されていない501の隠された魅力だと思っています。

シュリンクトゥフィットの魅力について、さらに色々な観点から考えて記事を書く予定です。


-->

COMMENTS


Sponsored Links


Sponsored Links$hide=mobile



名前

101-J,12,13MWZ,2,40年代,2,501 66後期,3,501 66前期,6,501 ロングデイ,11,501-1995,10,501CT,37,501STF,72,501XX,6,501と505の比較,1,501の手入れ法,10,501の歴史,20,505C,14,506xx,6,507xx,8,517,5,557と70505の違い,3,60年代,4,70505,12,80年代,11,866,1,877,1,Beatles,11,Bob Dylan,3,Book,2,Bruce Springsteen,8,eBay,1,food recipe,1,George Clooney,2,George Michael,1,Greeting,4,Jacob Davis,3,James Corden,2,James Dean,1,Ladies,4,Lee,9,Lee vs リーバイス,6,Lee200,8,Levi's,1,Love Me Do,1,LVC,11,Made in the USA製品,9,memory,2,Music,28,My Levi's 501,10,News,8,Paul McCartney,8,Prince,2,Ramones,4,Red Wing,23,redwing,12,Rolling Stones,6,SNS,9,Steve Jobs,5,Twitter,8,Very Special Memory,2,vintage catalog,1,vintage Levis,2,VOGUE,4,Western Style,2,Wrangler,11,アメリカ文化,3,ヴィンテージ,8,ヴィンテージ・ポスター,4,ヴィンテージ501,43,ヴィンテージ505,9,ヴィンテージジージャン,60,ヴィンテージディテール,1,ヴィンテージの手入れ,9,ヴィンテージの着こなし,7,ヴィンテージの魅力,10,ヴィンテージバンダナ,2,ヴィンテージラングラー,3,ヴィンテージリーバイス販促品,5,ヴィンテージ研究考察,26,ヴィンテージ考,7,ヴィンテージ小物,9,ヴィンテージ全般,14,ウエスタンシャツ,1,オススメ,10,お知らせ,6,ギャラ入り,1,コーンミルズ,4,コラム,2,サード,13,ジーンズのサイズ,6,ジーンズの選び方,4,ジーンズの魅力,3,ジーンズ考,8,ジーンズ市場考察,5,ジーンズ用語,3,ジェーンバーキン,4,シンディクロフォード,2,スティーブマックイーン,6,スペシャルヴィンテージ,2,セカンド,2,タイプ物,5,タブレット,4,デニムのオンス数,4,デニムの歴史,13,ビデオ,9,ファースト,2,ブランケット付きジージャン,2,ブログ運営,9,ペンドルトンウールシャツ,8,ボーイフレンドジーンズ,4,マーロンブランド,6,モデル・年代判定,4,モハメッドアリ,1,リーバイス,17,リーバイス 501,32,リーバイス 501 レディース,20,リーバイス・オンラインストア,1,リーバイス・スタジアム,3,リーバイス505,8,リーバイスコマーシャル,8,リーバイスの歴史,29,リーバイスブック,10,リーバイス考察,42,リーバイス製品とのつき合い,8,リーバイス発表・広告,6,ロングホーンインポートFlash!,19,映画・映画俳優,7,革パッチ501XX,3,現行リーバイス501,18,最古のジーンズ,4,女性用リーバイス,23,色落ち,8,人気記事,1,製品比較,18,石鹸・洗剤,5,穿き込み経過レポート,22,日米現行製品比較,3,米国製501,22,用語解説,2,料理,1,
ltr
item
私のリーバイス: 隠された501の魅力
隠された501の魅力
私のリーバイス
http://www.mylevis501.com/2013/02/501.html
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/2013/02/501.html
true
2278967306116535087
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy