Sponsored Links$hide=mobile

ヴィンテージ ジーンズの様々な魅力と楽しみ方

ヴィンテージジーンズの色落ちについて比較や考察記事を作成し、投稿した後、ヴィンテージの魅力についてもう少し踏み込んで考えてみました。

ヴィンテージのジーンズやジャケットには、実に様々な魅力があります。色落ちだけがヴィンテージの魅力ではありません。実際にヴィンテージを手にして、穿いたり着たりする事で新たな発見や魅力に気づいたりする事もあります。

どんなところに魅力を感じるかは人によって異なります。本記事で
は、私が考えるヴィンテージのジーンズの魅力について書きます。


ヴィンテージデニムの色と風合い


ヴィンテージデニムは独特の色をしています。ヴィンテージは元来個体差があるのに加えて、経年変化や保存管理の仕方・状態、取り扱われ方等による影響が加わるため、ひとつとしてまったく同じ色はありません。

長い年月を経たデニムの色、特に濃い色のものに私はとても魅力を覚えます。濃紺と一言で言っても、個体差や年代による差もあります。濃紺のヴィンテージデニムの色
の魅力は実物を見ないと分かりづらいと思います。また、感じ方は人によってかなり異なると思います。

関連記事:

[ヴィンテージデニムの色の魅力 ##link##]
[post_ads]

ヴィンテージデニム特有の色落ち


色落ちはやはりヴィンテージの大きな魅力の一つです。色落ちはそのジーンズが辿ってきた道を示しています。
色落ちやアタリは一本一本異なります。

穿き込まれて既に色落ちしたヴィンテージジーンズを見ると、自分で濃紺の状態から穿き込んでここまでもっていけるのだろうか?と思ったりもします。


その様に考えると、色落ちしたヴィンテージジーンズにも魅力を感じます。ヴィンテージの色落ちは過去から今に至るまでの過程を物語っているため、自分の手元に届くまでの歴史、道のり、時代背景などが色落ちやダメージなどに記録されていると考えたりすると、それらも魅力の一つとなるかもしれません。

モデル間によるシルエットや細部のディテールの相違


501は年代やモデルによって、シルエット、使用生地、そして細部のディテールが異なります。それぞれのモデルに特徴があり、バリエーションを楽しむことができます。

ステッチの色使いも年代とモデルや個体によって異なったりします。


  • [message]
    • ##hand-o-right## 備考
      • 60年代以前のリーバイスのデニム製品は、オレンジとイエローのステッチが混在して使われているものが多いです。特定の箇所は仕様としてステッチの色が決まっている場合もありますが、縫製工・ラインの裁量に任せられている箇所もあると思われ、ステッチの色使いも個体差があります。

古い年代の物は黄色の綿糸が使用されているものが多いです。糸の色も経年変化と相成って特有の色をしていて魅力的です。

ジーンズ一本一本がとても個性的であること


ヴィンテージ・ジーンズは、色落ちや程度等、一本一本が本当に個性的です。そのことは自分だけのヴィンテージを持っていると言う意識を与えてくれます。

現行やオールドでも穿きこんでいく事で同様の意識、”自分だけのジーンズ”(これは実際のところ愛着と言ったそれ以上の意識とも言えます。)になっていきます。

ヴィンテージの場合は、一本一本が個性的のため、最初からその様な気分を持たせてくれる傾向があります。

これらがヴィンテージ・ジーンズ自体の私の思う魅力です。

製品自体とても魅力的ですが、さらに、ヴィンテージの場合、着用するだけでなく二次的な楽しみがあるのが大きな特徴だと思います。

ヴィンテージの二次的な楽しみ方


歴史を楽しむ


ジーンズはアメリカ文化と歴史と密接な関わりがあります。70年代以降は、アメリカだけでなく世界各国の歴史とも関わりがあったりします。

ジーンズが作られた頃の時代にどのようなことが起きていたのか?その当時の出来事、文化、流行、社会構造、経済状況等、時代背景について考えたり、ジーンズとそれらの時代との関係等を調べたり考えたりするのが私は好きです。

また、当時のリーバイスの会社としての状況、製品企画や販売戦略、生産の現場のこととかを考えたりして、色々と思いめぐらしたりすることも楽しみの一つです。



モデルや年代ごとの製品の特徴の分析と考察


ヴィンテージリーバイスのディテールについては、既にかなり詳しいところまで調べられて明らかになっています。しかし、実際の製品が明確に仕様が定められていて、きっちりと年代で分かれているわけではありません。また、全てが明らかになっているわけもありません。

この様な不確定なところや謎解き的な要素もあるので、色々、分析したりして楽しんでいます。
はっきりした答えが得る事ができない場合もあるのですが、それはそれで構わないと思っています。

鑑賞する


ヴィンテージを手にするまでは、ジーンズを見て楽しむ等と言うことは、自分には想像もできませんでした。
しかし、見て楽しむことは思いの外、日常的に楽しんでいる事です。ヴィンテージを見るだけで、気持ちが和んだり、癒したりしてくれます。

ちょっと極端かもしれませんが、美術、芸術品の鑑賞とある部分で通じるようなところがある様な気がします。芸術品と比べると身近な感じがありながら、共通するところもあるように思います。


上記以外にも、所有する楽しさ、満足感。収集する楽しさ。等もあるかと思います。

これらの楽しみは実際にヴィンテージを手にしてから知った事です。ヴィンテージを実際に手にするまでは、その様な楽しみがあるとは全く考えてもいませんでした。


関連記事:ジーンズは人によって様々な楽しみ方があると思います。いくつか関連した記事を以下に添付します。

[ヴィンテージ501の様々な魅力、楽しみ方体験談 ##link##]

[ジーンズの魅力と楽しみ方例: 濃紺から穿く ##link##]

[ヴィンテージの楽しみ方例:古い写真を見て調べて知った事 ##link##]

[実際に手にして見て知るヴィンテージの魅力:ペンドルトンウールシャツの場合 ##link##]

COMMENTS


Sponsored Links


Sponsored Links$hide=mobile



名前

101-J,12,13MWZ,2,40年代,2,501 66後期,3,501 66前期,6,501 ロングデイ,11,501-1995,10,501CT,37,501STF,72,501XX,6,501と505の比較,1,501の手入れ法,10,501の歴史,20,505C,14,506xx,6,507xx,8,517,5,557と70505の違い,3,60年代,4,70505,12,80年代,11,866,1,877,1,Beatles,11,Bob Dylan,3,Book,2,Bruce Springsteen,8,eBay,1,food recipe,1,George Clooney,2,George Michael,1,Greeting,4,Jacob Davis,3,James Corden,2,James Dean,1,Ladies,4,Lee,9,Lee vs リーバイス,6,Lee200,8,Levi's,1,Love Me Do,1,LVC,11,Made in the USA製品,9,memory,2,Music,28,My Levi's 501,10,News,8,Paul McCartney,8,Prince,2,Ramones,4,Red Wing,23,redwing,12,Rolling Stones,6,SNS,9,Steve Jobs,5,Twitter,8,Very Special Memory,2,vintage catalog,1,vintage Levis,2,VOGUE,4,Western Style,2,Wrangler,11,アメリカ文化,3,ヴィンテージ,8,ヴィンテージ・ポスター,4,ヴィンテージ501,43,ヴィンテージ505,9,ヴィンテージジージャン,60,ヴィンテージディテール,1,ヴィンテージの手入れ,9,ヴィンテージの着こなし,7,ヴィンテージの魅力,10,ヴィンテージバンダナ,2,ヴィンテージラングラー,3,ヴィンテージリーバイス販促品,5,ヴィンテージ研究考察,26,ヴィンテージ考,7,ヴィンテージ小物,9,ヴィンテージ全般,14,ウエスタンシャツ,1,オススメ,10,お知らせ,6,ギャラ入り,1,コーンミルズ,4,コラム,2,サード,13,ジーンズのサイズ,6,ジーンズの選び方,4,ジーンズの魅力,3,ジーンズ考,8,ジーンズ市場考察,5,ジーンズ用語,3,ジェーンバーキン,4,シンディクロフォード,2,スティーブマックイーン,6,スペシャルヴィンテージ,2,セカンド,2,タイプ物,5,タブレット,4,デニムのオンス数,4,デニムの歴史,13,ビデオ,9,ファースト,2,ブランケット付きジージャン,2,ブログ運営,9,ペンドルトンウールシャツ,8,ボーイフレンドジーンズ,4,マーロンブランド,6,モデル・年代判定,4,モハメッドアリ,1,リーバイス,17,リーバイス 501,32,リーバイス 501 レディース,20,リーバイス・オンラインストア,1,リーバイス・スタジアム,3,リーバイス505,8,リーバイスコマーシャル,8,リーバイスの歴史,29,リーバイスブック,10,リーバイス考察,42,リーバイス製品とのつき合い,8,リーバイス発表・広告,6,ロングホーンインポートFlash!,19,映画・映画俳優,7,革パッチ501XX,3,現行リーバイス501,18,最古のジーンズ,4,女性用リーバイス,23,色落ち,8,人気記事,1,製品比較,18,石鹸・洗剤,5,穿き込み経過レポート,22,日米現行製品比較,3,米国製501,22,用語解説,2,料理,1,
ltr
item
私のリーバイス: ヴィンテージ ジーンズの様々な魅力と楽しみ方
ヴィンテージ ジーンズの様々な魅力と楽しみ方
ヴィンテージのジーンズやジャケットには、実に様々な魅力があります。色落ちだけがヴィンテージの魅力ではありません。実際にヴィンテージを手にして、穿いたり着たりする事で新たな発見や魅力に気づいたりする事もあります。
https://1.bp.blogspot.com/-6g_deOJqYuk/URvm7H6P5aI/AAAAAAAAEpE/rALFkHuPUlA/s400/Vintage+Levis+Jeans+02.jpg
https://1.bp.blogspot.com/-6g_deOJqYuk/URvm7H6P5aI/AAAAAAAAEpE/rALFkHuPUlA/s72-c/Vintage+Levis+Jeans+02.jpg
私のリーバイス
http://www.mylevis501.com/2013/02/blog-post.html
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/2013/02/blog-post.html
true
2278967306116535087
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy