Sponsored Links$hide=page-mobile-404

$show=mobile-home

|過去一週間でよく読まれている記事_$show=home$type=slider$speed=2200$snippet=hide

ラングラーの歴史

リーバイスとLeeについての話をしばらくしたので、今回はラングラーの歴史について、米ラングラーのホームページの説明を元にラングラーの歴史、主だった出来事について紹介します。

尚、ラングラーの歴史とタイトルにも書いていますが、正確に言うとラングラーは1947年からブルーベルがジーンズの製品ラインに使用したブランド名です。

リーバイスやLeeは社名であり、製品メーカーのブランド名としても使われ、一般的にも広く認知されています。一方、ラングラーは社名ではなく、ブランドのみの名前です。

ラングラーは元々は、ワークウェア衣料メーカーのケーシージョーンズ社の一部製品のブランド名として使われていましたが、その時のラングラーのブランド名の製品はジーンズではなく、また、ケーシージョーンズとしてもそれ程使用したブランドではありませんでした。

今日のラングラーブランドのジーンズは、ブルーベル社が立ち上げました。そのため、ここでのラングラーの歴史はブルーベル社の歴史から始まります。


1897年: 20才のC.C. Hudsonは、テネシー州にあるスプリング・ヒル農場を去り、生地業で急成長する街、ノースカロライナ州グリーンズブロにビジネスの機会を求めて、引っ越します。彼は、ボタンの縫い付けを行う工場の一日25セントの仕事を見つけます。

(コメント)ハドソンが引っ越したノースカロライナのグリーンズブロは、1895年にコーンミルズが最初のデニム製造工場を建設した街です。


当時のコーンミルズは、もの凄い勢いで成長して行ったと思います。後のラングラー創業者の若きハドソン氏は、コーンミルズのデニム事業の急成長を目の当たりにしていたと思われます。


不思議な縁とも言えます。



1904年: ハドソンの職場は閉鎖されます。彼と何人かの同僚は、何台かのミシンを購入します。ハドソンと彼の兄妹のホーマーは、ハドソン・オーバーオール社を立ち上げます。



1919年: ハドソン・オーバーオールズの売り上げが急速に伸びます。会社は、本社拡張のため引っ越し、社名を”ブルーベル・オーバーオール・カンパニー”に変更します。




1926年: ケンタッキーのビッグベン・マニュファクチャリング(Big Ben Manufacturing)は、ブルーベルを58万5千ドルで買収します。合併した会社の名前はブルーベルのままとなり、本社もグリーンズブロのままでした。


(コメント) 買収されたにもかかわらず、社名と本社はそのままと言う非常に珍しいパターンだと思います。コーンミルズのデニム工場の所在する街に本社がある方が事業的にも色々メリットがあったのかもしれません。





1936年: ブルーベルは、100% 防縮生地のスーパービッグベン・オーバーオールを発表します。サンフォライズ加工された生地は、縮みは1%未満で、新しい業界のスタンダードとなりました。




1943年: ブルーベルは、ワークウェアの製造を行うCasey Jones Company(ケーシー・ジョーンズ社)を買収します。買収により、ケーシージョーンズのほとんど使っていなかったブランド名"Wrangler"を使用する権利を獲得します。

(コメント)買収先のブランド名や特許、製造技術等を買収によって獲得する手法は比較的、一般的です。当時、ブルーベルがラングラーのブランド名にどれだけ興味があったのかは不明(おそらく買収時は、ほとんど気にしていなかったと思います)ですが、結果的にはケーシージョーンズの買収は今日のジーンズブランドとしてのラングラーを生み出す大きな出来事となりました。



1947年: 著名なテイラーであるロデオベンのデザインによるラングラー・オーセンティック・ウエスタンジーンズが発表されます。プロロデオ・カウボーイのジム・ショルダーズ、ビル・リンドマン、フレックルス・ブラウンは13MWZを着用テストし、ラングラーは耐久性、品質、本物であることを承認しました。(請負保証しました)

(コメント)ご存知の方も多いかと思いますが、最初期のラングラーのジーンズはアーキュエット・ステッチに酷似したバックポケットのステッチをしています。1943年にリーバイスのアーキュエットステッチの商標登録が認可されます。


当時、Leeもアーキュエットに近いステッチを採用していました。リーバイスの商標登録取得により、1944年にバックポケットのステッチを変更します。それによりLazy Sが生まれました。






1948年: カウボーイの世界チャンピオンのジム・ショルダーズがラングラーの公式な後援者として、契約を結びます。ジムショルダーズは計16回世界チャンピオンとなりました。

(コメント)ラングラーの成功におけるジムショルダーズの貢献は多大な物があります。




1962年: ブルーベルは、ベルギーに工場を立ち上げます。そして、ヨーロッパでラングラーブランドの立ち上げに成功します。


(コメント)ヨーロッパへの本格進出は、リーバイスよりも先であったことが分かります。




1974年: プロロデオ・カウボーイズ協会は、ラングラージーンズを公式に承認、後押しします。



1986年: ブルーベルは、VF Corporationと合併します。これにより、VFは60億ドルの市場の25%を占めるジーンズの世界の2大メーカーの一つとなります。

(コメント)この時既に、VFはLeeを買収しており、ラングラーの買収により、会社としてはリーバイスと並ぶ2大ジーンズメーカーとなります。VFのLeeの買収は1969年です。



1996年: 米国内で販売されたジーンズの5本に一本は、ラングラーのラベルがついていました。

(コメント:販売数でのシェアでラングラーは20%獲得した事になります。これはかなり大きいシェアだと思います。)



1997年: プロロデオ・カウボーイ協会公式ジーンズである13MWZは、50才の誕生日を迎えます。ラングラースピリットは事業開始100年周年となります。

(コメント)13MWZの前に11MWZがあるはずなのですが、ラングラーのサイトでは最初から13MWZとの書き方をしています。写真のフラッシャーは当時のものと思われます。


Wikipediaによると、1952年に生地が13オンスデニムに変更になり、それに基づいて、ロット番号も11MWZから13MWZに変更になったと書かれています。


後で、何か分かりましたら、追記します。



2007年: ラングラーの後援者である(ロデオのベーブルースとして知られていた)ジムショルダーズが他界します。彼の死去により、58年間のブランドのパートナーシップは終わりとなりました。プロスポーツの歴史の中で、最も長いスポーツライセンス支援の記録です。


COMMENTS

Sponsored Links

$hide=mobile

Sponsored Links$hide=mobile

名前

101-J,12,13MWZ,2,40年代,2,501 66後期,3,501 66前期,6,501 ロングデイ,11,501CT,37,501STF,69,501XX,6,501と505の比較,1,501の手入れ法,10,501の歴史,20,505C,14,506xx,5,507xx,7,517,5,557と70505の違い,3,60年代,4,70505,12,80年代,11,866,1,877,1,Abbey Road Studio,2,Beatles,5,Bob Dylan,3,Book,2,Bruce Springsteen,8,eBay,1,food recipe,1,George Clooney,2,George Michael,1,Greeting,4,Jacob Davis,3,James Corden,2,James Dean,1,Ladies,3,Lee,9,Lee vs リーバイス,6,Lee200,8,Levi's,1,Love Me Do,1,LVC,9,Made in the USA製品,9,memory,2,Mick Jagger,3,Music,28,My Levi's 501,10,Paul McCartney,8,Ramones,4,Red Wing,22,redwing,15,Rolling Stones,4,SNS,9,Steve Jobs,5,Steve McQueen,2,Twitter,8,Very Special Memory,2,vintage catalog,1,vintage Levis,2,VOGUE,4,Western Style,2,Wrangler,10,アメリカ文化,3,ヴィンテージ,8,ヴィンテージ・ポスター,4,ヴィンテージ501,42,ヴィンテージ505,9,ヴィンテージジージャン,60,ヴィンテージディテール,1,ヴィンテージの手入れ,7,ヴィンテージの着こなし,7,ヴィンテージの魅力,10,ヴィンテージバンダナ,2,ヴィンテージラングラー,1,ヴィンテージリーバイス販促品,5,ヴィンテージ研究考察,26,ヴィンテージ考,7,ヴィンテージ全般,15,ウエスタンシャツ,1,オススメ,10,お知らせ,4,ギャラ入り,1,コーンミルズ,4,コラム,2,サード,13,ジーンズのサイズ,6,ジーンズの選び方,4,ジーンズの魅力,3,ジーンズ考,9,ジーンズ市場考察,5,ジーンズ用語,3,ジェーンバーキン,4,シンディクロフォード,2,スティーブマックイーン,4,スペシャルヴィンテージ,2,セカンド,2,タイプ物,5,タブレット,4,デニムのオンス数,4,デニムの歴史,13,ビデオ,9,ファースト,2,ブランケット付きジージャン,2,ブログ運営,8,ペンドルトンウールシャツ,8,ボーイフレンドジーンズ,5,マーロンブランド,6,モデル・年代判定,4,モハメッドアリ,1,リーバイス,17,リーバイス 501,31,リーバイス 501 レディース,19,リーバイス・スタジアム,3,リーバイス505,8,リーバイスコマーシャル,5,リーバイスの歴史,29,リーバイス考察,30,リーバイス製品とのつき合い,7,リーバイス発表・広告,6,ロングホーンインポートFlash!,19,映画・映画俳優,7,革パッチ501XX,3,現行リーバイス501,6,最古のジーンズ,4,女性用リーバイス,23,色落ち,7,人気記事,1,製品比較,16,石鹸・洗剤,4,穿き込み経過レポート,22,日米現行製品比較,3,米国製501,19,用語解説,2,料理,1,
ltr
item
私のリーバイス: ラングラーの歴史
ラングラーの歴史
ラングラーの歴史について、米ラングラーのホームページから、主だった出来事について紹介しています。ラングラーの母体であったブルーベル社創業から、ラングラーブランドの発足、その後についての主な出来事をまとめています。
http://3.bp.blogspot.com/-CZ05hQEweVk/UuBnw1Bw6TI/AAAAAAAAFz8/6I19rGakX8Q/s1600/1897.jpg
http://3.bp.blogspot.com/-CZ05hQEweVk/UuBnw1Bw6TI/AAAAAAAAFz8/6I19rGakX8Q/s72-c/1897.jpg
私のリーバイス
http://www.mylevis501.com/2014/01/history-of-wrangler.html
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/2014/01/history-of-wrangler.html
true
2278967306116535087
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy