Sponsored Links$hide=page-mobile-404

$show=mobile-home

|過去一週間でよく読まれている記事_$show=home$type=slider$speed=2200$snippet=hide

501XXの特徴と推定年代・モデル判定例

501XXは、ヴィンテージ・リーバイスを代表するモデルです。人気も高く、名前も良く知られています。


501XXの特徴と見分け方


パッチが残っていて、ロット番号が読み取れれば、話は簡単なのですが、ヴィンテージの501XXでパッチが残っていることは稀です。

しかし、501XXはディテールも特徴があるので、比較的簡単に判別ができます。

501XXはバックポケットの取り付け強化のためにリベットを使用していることが大きな特徴の一つです。

このリベットは、表側からは生地が上から被されていて、見えないようになっていることから”隠しリベット”と呼ばれています。

501XXは基本的に”隠しリベット”が付いています。後継モデルのビッグEは、リベットではなくバータックを使用しています。

リベットはジーンズの内側は隠されていないので、簡単に見つけることができます。内側(裏側)のバックポケットの部分を見て、ポケットの左右上端部にリベットが取り付けられていれば、501XXだと判定できます。
隠しリベット
最終期の501XXには、隠しリベットがないものがあります。また、最初期のビッグEには、稀に隠しリベットがあるものもあるようです。

移行期は、ディテールが混在する場合があります。しかし、例外を除けば、基本的に隠しリベットが付いていれば501XXであると判定できます。



ビッグEと501XXでのディテール上のもう一つの主な相違点は、クロッチ部からフライ部にかけて、バータックを使用せず太めのステッチで逆U字上にステッチ処理されているのが特徴です。
501XX Stitch Detail
501XXは、40年代の後半から60年代の後半(1966/67年頃)までの比較的長い期間、生産されました。

501XXは年代によってディテール等の特徴があります。

ここでは、最近入荷した501XXを例として、注目のディテールと年代・モデル判別のポイント等について紹介します。

隠しリベットが付いていれば、501XX(ほぼ)確定。その次に注目したいディテールは、後ろの中央部のベルトループの取り付け位置です。
ベルトループが中央から少しずれて取り付けられているものは、”オフセットベルトループ”と呼ばれています。
オフセットベルトループは、1950年代中頃から1963年頃までの501XXの特徴的ディテールです。

オフセットベルトループを備える501XXは年代が古い順で、通称、”最終革パッチ”、”紙ギャラ(ギャラ入り紙パッチ)”、”初期ギャラ無し”の三種類のモデルに区分けされます。

以下にモデルを絞り込む上での参考となるディテールを紹介します。注目すべきディテールをいくつか紹介します。

501は、フロントをジッパーでなくボタンで留めるのが大きな特徴です。一番上のボタンをトップボタン。2番目以降をフライボタンと呼びます。

フライボタンの数は、ウエストのサイズなどで異なります。通常ウエスト30インチ以上はフライボタンの数が4個です。

さらに大きなウエストの場合、5個になります。29インチ以下になるとフライボタンは通常3個になります。

ユースモデルの503BXXの場合は、フライボタンが2個のものもあります。
フライボタンには、LEVI STRAUSS & CO.と刻印されています。下の写真の様にRの文字の左足が長いフライボタンの刻印は、通称”足長R”(のフライボタン)と呼ばれています。
足長Rのフライボタンは、1950年代中頃から1960年代後半までの501の特徴的ディテールです。ビッグEも足長Rのフライボタンです。

フライボタンが足長Rでない場合は、革パッチの可能性が考えられます。

ベルトループがオフセットで、足長Rの場合は、紙ギャラか初期のギャラ無しの501XXのどちらかになります。

トップボタンの右側のステッチ処理で上から下に行った後にそこから鋭角上にトップボタンの方に向かってステッチが切り返されています。

このステッチ処理は、通称”Vステッチ”と呼ばれています。
Vステッチの歴史は長く戦前の501から60年代後半の初期ビッグEまでが備えるディテールです。

50年代の後半以降のヴィンテージの501のトップボタンの裏には、刻印が入ったものが多いです。

ボタン裏刻印は、生産された工場(地域)を示すものと認知されています。

刻印は年代によっても異なります。
この501のボタン裏刻印はJです。50年代から1963年頃までのボタン裏の刻印は、二桁の数字が使用されていました。

アルファベット1文字の刻印は、1962/63年頃から1967年頃までの年代の特徴的ディテールです。

刻印表示の変更が行われたほぼ同時期、1962/63年頃にフロントポケットの取り付け強化に使用しているリベットの内側の素材が、銅からアルミに変更になりました。

(注:上記移行の年代は、現時点での認識です。可能性としては62年より63年頃の方が高いです。少し後の可能性もあります。)

フロントのポケット部のリベットを内側から撮った写真です。本品のリベットの素材はアルミです。
オフセットベルトループの501XXで、紙ギャラかギャラ無しかの判定は、内側のリベット(オス部)の素材で判断する場合が多いです。

素材が銅である場合は、ギャラ入り。アルミの場合はギャラ無しと判定することが多いです。

年代・モデル判定は、他のディテールなどを含めて総合的に判断することで確度が高まります。

以下、本品の年代・モデル判定においての注目のディテールを箇条書きにします。


  • 隠しリベット (1937年から1966年まで)
  • オフセットベルトループ (1950年代中頃から1963-64年頃まで)
  • ボタン裏刻印アルファベット1文字(1962/63年頃から1967年頃まで)
  • 足長Rのフライボタン(1950年代中頃から1970年頃まで)
  • フロントポケットのリベット裏素材がアルミ(1963年頃以降から現在まで)


上記、ディテールから本品の推定年代は1963-64年頃と絞りこめます。(最も早くて62年、遅くても64年頃)

尚、上記のディテールに書かれている年代で、隠しリベット、刻印文字、足長Rは、ほぼ確定に近い確度が高いものです。

フロントリベット裏素材が銅からアルミに移行した時期は、現時点での認識としては、ギャラ入りからギャラ無しにパッチ表記が移行した時期とほぼ同時期か少し後と仮定しています。

ベルトループがオフセットの期間は現時点での認識です。始まりや終わりが、少し後である可能性もあります。

オフセットベルトループの終わりの時期が、63-64年より後になれば、本品の推定年代も後ろにずれる可能性があります。しかし、何年も後にずれる可能性は低いです。


本品ののモデル名は、”ギャラ無し・ベルトループオフセットの501XX"です。”初期ギャラ無し”でも良いかと思います。


COMMENTS

Sponsored Links

$hide=mobile

Sponsored Links$hide=mobile

名前

101-J,12,13MWZ,2,40年代,2,501 66後期,3,501 66前期,6,501 ロングデイ,11,501CT,37,501STF,69,501XX,6,501と505の比較,1,501の手入れ法,10,501の歴史,20,505C,14,506xx,5,507xx,7,517,5,557と70505の違い,3,60年代,4,70505,12,80年代,11,866,1,877,1,Abbey Road Studio,2,Beatles,5,Bob Dylan,3,Book,2,Bruce Springsteen,8,eBay,1,food recipe,1,George Clooney,2,George Michael,1,Greeting,4,Jacob Davis,3,James Corden,2,James Dean,1,Ladies,3,Lee,9,Lee vs リーバイス,6,Lee200,8,Levi's,1,Love Me Do,1,LVC,7,Made in the USA製品,6,memory,2,Mick Jagger,3,Music,28,My Levi's 501,10,Paul McCartney,8,Ramones,4,Red Wing,22,redwing,15,Rolling Stones,4,SNS,9,Steve Jobs,5,Steve McQueen,2,Twitter,8,Very Special Memory,2,vintage catalog,1,vintage Levis,2,VOGUE,4,Western Style,2,Wrangler,10,アメリカ文化,3,ヴィンテージ,8,ヴィンテージ・ポスター,4,ヴィンテージ501,42,ヴィンテージ505,9,ヴィンテージジージャン,60,ヴィンテージディテール,1,ヴィンテージの手入れ,7,ヴィンテージの着こなし,7,ヴィンテージの魅力,10,ヴィンテージバンダナ,2,ヴィンテージラングラー,1,ヴィンテージリーバイス販促品,5,ヴィンテージ研究考察,26,ヴィンテージ考,7,ヴィンテージ全般,15,ウエスタンシャツ,1,オススメ,10,お知らせ,3,ギャラ入り,1,コーンミルズ,4,コラム,2,サード,13,ジーンズのサイズ,6,ジーンズの選び方,4,ジーンズの魅力,3,ジーンズ考,9,ジーンズ市場考察,5,ジーンズ用語,3,ジェーンバーキン,4,シンディクロフォード,2,スティーブマックイーン,4,スペシャルヴィンテージ,2,セカンド,2,タイプ物,5,タブレット,4,デニムのオンス数,4,デニムの歴史,13,ビデオ,9,ファースト,2,ブランケット付きジージャン,2,ブログ運営,8,ペンドルトンウールシャツ,8,ボーイフレンドジーンズ,5,マーロンブランド,6,モデル・年代判定,4,モハメッドアリ,1,リーバイス,17,リーバイス 501,30,リーバイス 501 レディース,19,リーバイス・スタジアム,3,リーバイス505,8,リーバイスコマーシャル,5,リーバイスの歴史,29,リーバイス考察,30,リーバイス製品とのつき合い,7,リーバイス発表・広告,6,ロングホーンインポートFlash!,19,映画・映画俳優,7,革パッチ501XX,3,現行リーバイス501,6,最古のジーンズ,4,女性用リーバイス,23,色落ち,7,人気記事,1,製品比較,16,石鹸・洗剤,4,穿き込み経過レポート,22,日米現行製品比較,3,米国製501,19,用語解説,2,料理,1,
ltr
item
私のリーバイス: 501XXの特徴と推定年代・モデル判定例
501XXの特徴と推定年代・モデル判定例
501XXは、ヴィンテージ・リーバイスを代表するモデルです。人気も高く、名前も良く知られています。501XXの特徴とモデル・年代の判定の参考となるディテールについて紹介します。
http://3.bp.blogspot.com/-pBUhdozJPJ8/VaItssTgUuI/AAAAAAAAIXM/M2VakzXrl8o/s400/501XX%2BPaper%2BPatch.jpg
http://3.bp.blogspot.com/-pBUhdozJPJ8/VaItssTgUuI/AAAAAAAAIXM/M2VakzXrl8o/s72-c/501XX%2BPaper%2BPatch.jpg
私のリーバイス
http://www.mylevis501.com/2015/07/501xx-detail-era.html
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/2015/07/501xx-detail-era.html
true
2278967306116535087
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy