Sponsored Links$hide=mobile

非常に魅力的な2015年秋冬の現行 US 501ラインナップ

左から順に、米国製501-1995、501 ロングデイ、501 Shrink To Fit リジッド
ここ数年、リーバイス本社は勢いが戻ってきて、米国の商品ラインもマーケティング、ブランディングも格段に良くなってきていると実感しています。

2014年夏に始めたLIVE IN LEVI'Sのキャンペーンやサンフランシスコ49ersの拠点となる同年9月にオープンしたスタジアムの名前の権利を獲得し、リーバイススタジアムとしたことなど、昨年から今年にかけてリーバイスのイメージは格段に向上しています。

関連記事:

[勢いを感じる最近の米リーバイス ##link##]
[post_ads]

マーケティング、ブランディングだけでなく、肝心要の商品ラインナップについても、基幹モデルである501のモデル製品展開は数年前と比べて、かなり良くなってきています。

2014年秋冬コレクションに、セルビッジデニム付きの501-1931 ロングデイが加わりました。
501-1931 ロングデイ
ロングデイはセルビッジデニムを使用し、ストレートシルエットながら随所に新しさを感じさせる501のモデルの一つです。

関連記事:

[日米共通取り扱い501-1931 ロングデイ ##link##]


501 ロングデイは、2015年の春夏のラインでも継続され、今回の2015年秋冬モデルのラインナップにも残っています。

2015年1月には、"Made in the USA"のラインが加わりました。このラインは、長年リーバイスにデニムを供給してきたコーンミルズ社のノースカロライナ州にあるホワイトオーク工場製のセルビッジデニムを採用し、縫製はロスアンジェルスにて行われる純米国製の製品群です。

Made in the USAラインの中心的存在と言える501-1995は、質感の高いコーンミルズ・ホワイトオーク製セルビッジデニムを使用し、クラシックで高級感の感じられる名作だと思います。


501-1995
”Made in the USA”のラインは、2010年代からスポット的にラインナップに加わり、しばらくすると消滅したりしている商品ラインです。

このラインは2015年1月当初は、501だけでなく他のモデルもありました。2015年の夏前には他のモデルはほとんど姿を消し、"Made in the USA”のライン自体は、オンラインストアなどから無くなりました。

しかし、501-1995は継続して現在の501の製品ラインナップに残っています。

2000年代後半以降、米国製のプレミアムラインは何度か登場したものの継続はせずに消滅し、しばらくして再び、登場するというようなサイクルを繰り返しています。

まだ2シーズン継続されているだけですが、501-1995は、Made in the USAのラインが無くなっても、継続して生産、販売が行われています。


この様に事実上単品に近い形で米国製501が継続されることは、あまり前例がないことだと思います。

追記: 2017年4月末現在、501-1995は継続生産、販売中です。本記事下に関連記事のリンクを貼っています。

ベストセラーで定番の501シュリンクトゥフィットに加え、プレミアムモデルとしてコーンミルズホワイトオーク製のセルビッジデニムを使用した501-1995、そして501ロングデイが現在のラインナップに揃っています。

この3品は、全て生デニムを使用しています。しかし、それぞれ異なる生地と特徴を備えています。

価格帯も、プレミアムの1995とレギュラーの間にロングデイがあり、価格的なバランスも取れており予算と好みなどに応じてモデルを選ぶことができます。
左から順に、米国製501-1995、501 ロングデイ、501 Shrink To Fit リジッド
これら3品の生地や簡単な特長を以下に紹介します。


501STF


新品時、糊でかなり硬い生地の風合いと、縮む前で目の詰まっていない織り目から下糸の白が良く見えるいかにも生デニムという感じの生地です。

個人的には、この生地は生デニムの特性を活かしたシュリンクトゥフィットを堪能するのにとても適していると思います。

シルエットは飽きのこない標準的なストレートです。

501 STFはコストパフォーマンスも非常に高いと思います。501の伝統を継承し、現代に伝える秀作だと思います。


501 ロングデイ


501ロングデイの生地はセルビッジ付きデニムです。色は少し黒みがかった特徴ある生地の色味です。通常のインディゴ・ブルーではなく、少し異なる染料を使用していると思います。

こちらも生デニムですが、生地の風合い・受ける印象は他のモデルとは随分異なります。ステッチはイエローが中心で、生地の色味とのコントラストが目立ちます。
501-1931 ロングデイ
膝から下がストーンと落ちる独特のストレートシルエットです。着用してみると、膝下がスッキリした感じの洗練された現代的なストレートジーンズであることを感じさせるのが特徴です。

(感じ方は人によりますが、複数の方から、同様の感想をいただいています。)


501−1995


501-1995で使用しているコーンミルズ・ホワイトオーク工場製のセルビッジ付きデニムは、質感の高いデニムです。

生地は糊付きの状態ですが、それほどガチガチではありません。ステッチはオレンジが中心(ほぼ全て)です。生地と全体からクラシックで高級感が漂う雰囲気が感じられます。

セルビッジ部や全体の造りをロングデイと比較すると、1995は高級感とクラッシックさが感じられます。

ポケットの形状も異なります。1995は少し縦長です。
501 ロングデイ(左)と501-1995 (右)
関連記事:

[2017年現行モデル Made in USAライン 501-1995の特徴 ##link##]


[501-1931 ロングデイと501-1995 ##link##]

これらそれぞれ異なる魅力と特長を持つ生デニム使用の3モデルを揃えた2015年春夏と秋冬の品揃えは、2000年代以降で最も魅力的で充実した501のラインナップだと思っています。

COMMENTS


Sponsored Links


Sponsored Links$hide=mobile



名前

101-J,12,13MWZ,2,40年代,2,501 66後期,3,501 66前期,6,501 ロングデイ,11,501-1995,10,501CT,37,501STF,72,501XX,6,501と505の比較,1,501の手入れ法,10,501の歴史,20,505C,14,506xx,6,507xx,8,517,5,557と70505の違い,3,60年代,4,70505,12,80年代,11,866,1,877,1,Beatles,11,Bob Dylan,3,Book,2,Bruce Springsteen,8,eBay,1,food recipe,1,George Clooney,2,George Michael,1,Greeting,4,Jacob Davis,3,James Corden,2,James Dean,1,Ladies,4,Lee,9,Lee vs リーバイス,6,Lee200,8,Levi's,1,Love Me Do,1,LVC,11,Made in the USA製品,9,memory,2,Music,28,My Levi's 501,10,News,8,Paul McCartney,8,Prince,2,Ramones,4,Red Wing,23,redwing,12,Rolling Stones,6,SNS,9,Steve Jobs,5,Twitter,8,Very Special Memory,2,vintage catalog,1,vintage Levis,2,VOGUE,4,Western Style,2,Wrangler,11,アメリカ文化,3,ヴィンテージ,8,ヴィンテージ・ポスター,4,ヴィンテージ501,43,ヴィンテージ505,9,ヴィンテージジージャン,60,ヴィンテージディテール,1,ヴィンテージの手入れ,9,ヴィンテージの着こなし,7,ヴィンテージの魅力,10,ヴィンテージバンダナ,2,ヴィンテージラングラー,3,ヴィンテージリーバイス販促品,5,ヴィンテージ研究考察,26,ヴィンテージ考,7,ヴィンテージ小物,9,ヴィンテージ全般,14,ウエスタンシャツ,1,オススメ,10,お知らせ,6,ギャラ入り,1,コーンミルズ,4,コラム,2,サード,13,ジーンズのサイズ,6,ジーンズの選び方,4,ジーンズの魅力,3,ジーンズ考,8,ジーンズ市場考察,5,ジーンズ用語,3,ジェーンバーキン,4,シンディクロフォード,2,スティーブマックイーン,6,スペシャルヴィンテージ,2,セカンド,2,タイプ物,5,タブレット,4,デニムのオンス数,4,デニムの歴史,13,ビデオ,9,ファースト,2,ブランケット付きジージャン,2,ブログ運営,9,ペンドルトンウールシャツ,8,ボーイフレンドジーンズ,4,マーロンブランド,6,モデル・年代判定,4,モハメッドアリ,1,リーバイス,17,リーバイス 501,32,リーバイス 501 レディース,20,リーバイス・オンラインストア,1,リーバイス・スタジアム,3,リーバイス505,8,リーバイスコマーシャル,8,リーバイスの歴史,29,リーバイスブック,10,リーバイス考察,42,リーバイス製品とのつき合い,8,リーバイス発表・広告,6,ロングホーンインポートFlash!,19,映画・映画俳優,7,革パッチ501XX,3,現行リーバイス501,18,最古のジーンズ,4,女性用リーバイス,23,色落ち,8,人気記事,1,製品比較,18,石鹸・洗剤,5,穿き込み経過レポート,22,日米現行製品比較,3,米国製501,22,用語解説,2,料理,1,
ltr
item
私のリーバイス: 非常に魅力的な2015年秋冬の現行 US 501ラインナップ
非常に魅力的な2015年秋冬の現行 US 501ラインナップ
2015年秋冬の米国の現行501モデルの品揃えを見ると、501STF、501 ロングデイ、そして米国製501-1995の3種類の生デニム使用の501があります。それぞれ異なる魅力と特長を持つこれら3モデルを揃えた2015年春夏と秋冬の品揃えは、2000年代以降で最も魅力的で充実した501のラインナップだと思っています。
https://2.bp.blogspot.com/-F6301T-BWWk/Vf9McYCzN9I/AAAAAAAAJIM/OQP9cDj8EIE/s400/DSC_0055.jpg
https://2.bp.blogspot.com/-F6301T-BWWk/Vf9McYCzN9I/AAAAAAAAJIM/OQP9cDj8EIE/s72-c/DSC_0055.jpg
私のリーバイス
http://www.mylevis501.com/2015/09/2015fw-501stfs.html
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/2015/09/2015fw-501stfs.html
true
2278967306116535087
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy