Sponsored Links$hide=page-mobile-404

$show=mobile-home

|過去一週間でよく読まれている記事_$show=home$type=slider$speed=2200$snippet=hide

70505 BIg-Eの実践的な選び方事例

ヴィンテージ・ジージャンを購入する・選ぶ時のポイントについて紹介します。

考え方は人それぞれなので、必ずこの様にすべきという物ではもちろんありません。

しかし、選ぶ上で、考慮した方が良いポイントや一般的な選び方の手法はあります。

購入する際にはまずブランドやモデルを絞って、その中で自分の希望に合った品を選ぶのが、一般的だと思います。

ヴィンテージデニムにご興味を持たれた方にお勧めなモデルは、70505のビッグEです。
70505 ビッグEを、お勧めする理由は、他のヴィンテージブランド、モデルと比べて比較的コンディションの良い品が見つかりやすいこと、価格も比較的廉価であることなどからです。

また、デザイン、シルエットの完成度も高く、現行品のジーンズやインナーなどとも組み合わせやすいと思います。

上の写真は、70505ビッグEを現行USモデルの505 リジッドの新品とヴィンテージペンドルトンのウールシャツと組み合わせています。

のブランドや別のモデルもそれぞれ特徴、持ち味があって魅力的なので、お好みによってモデルの選択肢は変わると思います。

モデルを絞り込んだら、その中で自分の希望条件に合った品を探すことになります。基本条件は以下のようなものがあります。

  • サイズ
  • コンディション
  • 価格
  • (ディテール)
注). ヴィンテージに興味を持つとディテールも魅力の一つとなる場合があります。

サイズについては、後日、別に記事を投稿する予定です。

ヴィンテージ初心者の方には、色は濃いものでコンディションの良いものがお勧めだと思います。

濃紺、色が濃いものは、基本的に色落ちが進行したものより着用感が比較的少ないため、コンディションも良好であるものが多いです。

ヴィンテージ・デニム、ヴィンテージジーンズと言うと、”色落ち”が有名ですが、濃紺のヴィンテージデニムの色味は特有のものがあり、とても魅力的だと思います。



ここでは、70505 Big-Eを例にして、実際にヴィンテージジージャンを選ぶ上でのポイントの中でコンディションの見方、考え方などに重点をおいて具体的に紹介します。

まずは、全体を一通り見てみます。
本品は色はかなり濃い方です。ヴィンテージデニムの場合、色が濃くても、ステッチ部にできるパッカリングによる部分的な退色は目立つものが多いです。

これから少し細かく見ていきます。見るポイントとしては、生地やステッチに問題があるか等です。

画面向かって右ワキの下に縦に白い線状のものがあります。下は拡大写真です。部分的に退色していますが、生地自体は特に問題ないレベルです。

ヴィンテージは細かいところをみれば大なり小なり不具合はあります。
ヴィンテージデニムの場合、着用の仕方によって、コンディションや色落ちに影響があったりします。

襟の部分は着用の仕方で影響を受けやすいところです。襟を立てて着たり、襟が変な形のまま着用を続けると、その着方特有の色落ちや変色が発生したりします。

本品の場合、襟の退色が少し目立ちます。着用する人がTシャツなどの上に着て、肌が襟に直接接触する状態の着用をしている場合、襟の退色が進行しやすいです。

肌が襟に直接触れる着用をして洗わずにおくと退色に加え変色も発生したりします。

さらに着用感がある場合、襟の折り目に擦れが発生したり、部分的に破けてきたりします。
このジャケットの場合、変色はしておらず、また退色もそこまで気にならないレベルだと思います。折り目についても特に変なクセは付いていません。

オイルやペンキなどを扱う作業に着たりしていると、部分的にオイルやペンキがついて痕ができたりします。表と裏(外側と内側)を見て、気になるシミ、汚れなどがないか見てみるのもよろしいかと思います。

この70505の内側は特に気になるようなシミなどはありません。

ウエストバンドの下のチェーンステッチの一部が消失しています。このステッチの消失の度合いは、着用感の目安となります。

着用感が感じられるジャケットでは、ステッチのほぼ全てが消失していたりします。

このウエストバンド下のチェーンステッチは消失しても着用上は問題ありません。
70505の場合、最初期を除いてパッチは通称小パッチと呼ばれる専用の小型の紙パッチが付けられています。

小パッチは、一つ前のモデル557で使用されていた紙パッチに比べ、残存率が圧倒的に高いです。

パッチが残っている場合、ロット番号やサイズ表記も読み取れる場合があります。

本品のパッチの拡大写真です。読み取りづらいですが、ロット番号の70505-0217が読み取れます。

サイズの方は、私の目では3までは読めました。実寸サイズから、サイズ38と推定しています。最初が3なので、実寸サイズと照らし合わせてサイズ38でほぼ確定です。
パッチの下に、白布で洗濯取扱説明の表示が取り付けられています。

この白い布のタグがパッチの下に取り付けられているものは、ビッグEの最終期の年代のものであることを示しています。

現時点で把握している情報から年代の推定をすると、70年代初め頃から73年頃までの製品です。

501では、通称66Eと呼ばれるモデルと同年代になります。

この70505は、向かってパッチの右側に襟下からヨークまで、縦に一本線が入っています。
この線がある周辺の表側の写真です。部分的に糸が吊っていたり、織り傷があるのはヴィンテージデニムの特徴です。

右の肘付近にも織り傷があります。
考え方、受け取り方にもよりますが、傷ではありますが、味わい深さを感じさせてくれるように思います。

なお、デニムの織り傷は年代が古いものほど頻繁に見られる傾向があります。

具体的には50年代以前のデニムでは非常に良く見られます。60年代の前半の製品では、頻度としては減りますが、やはりなんらかの織りによる不具合などがあるものが多いです。

不具合といっても、実用上は特に問題はありません。

ビッグEの年代になると、織り傷がある頻度・確率はかなり減ってきます。73年以降のスモールe、通称66前期以降では生地に織り傷があるものは非常に少ないです。

生地は年代で、はっきり区分けをできるものではなく、またロットや個体差もあります。

しかし、ある程度年代ごとに固有の特徴、傾向があります。

この70505の年代は70年代の初め頃ですが、織り傷があることや色味、風合いなどから考えて、生地は60年代後半のものの可能性もあると思います。

左胸ポケットのフラップに取り付けられている赤タブは、通称不均等Vと呼ばれるビッグEのタブです。
見慣れてくると、このタブだけを見ても、オリジナルのヴィンテージかLVCかは見分けることができます。

着用感の度合いや着用の仕方を計る目安として、袖先の状態やカフス裏のチェーンステッチの消失度合いがあります。

袖先裏のチェーンステッチは、ウエストバンド裏下と同様に着用が進むと消失する傾向があります。

本品は部分的に消失しています。一般的には、これでもステッチが残っている方です。

この箇所のステッチは消失しても着用上は問題はありません。

袖先の状態も良好、特に問題はなさそうです。
袖先は、襟と同様に着用の仕方や着用感の影響を受けやすい箇所です。

着用感があるものでは、袖先が擦れてしまっていたり、ほつれてしまっているものも少なくありません。

後ろ全体の写真です。少し明るめに写っているのと暗めに写っている2枚を添付します。

実際に見た色味的には、中間くらいです。一枚目の方が生地の風合いや雰囲気を掴みやすいのではないかと思います。

本品の生地はとても魅力的な色味をしています。当たりデニムだと思います。

関連ブログ記事:ヴィンテージの当たりデニムについて

ここまで紹介したところまでは特に問題はないのですが、これから細かい観点でステッチの不具合について紹介します。

右(向かって左)の胸ポケットから下に向けて入れられているV字状のステッチの終端少し右(同左)のウエストバンド上のステッチが少し飛んでいます。
現状このレベルであれば、着用上は問題ありませんが、着用を続けているうちにステッチの飛びが拡大する可能性があります。

ステッチの飛びが拡大した場合は、ステッチの補強が必要となります。(手縫いで快適に補強しても良いと思います。)

現時点では不具合と言うほどでもないですが、気をつけておいた方が良い箇所です。悪化しなければ、着用上は問題ないと思います。

右の袖のカフス部に近い位置のステッチの一部が少し外れています。
この様な状態の場合、内側からも見てみた方が良いです。部分的にステッチが消失しています。外側より、内側の方が消失箇所が多いです。
ここも現状は、着用上は問題ないレベルですが、消失の進行度合いを定期的にモニターした方が良い箇所です。

尚、この様なステッチの箇所を見つけた時、生地の縫い目に沿って広げたりするのは、悪化させてしまう恐れがあるので避けるべきです。

今回紹介したステッチの不具合は現状はそれほど深刻ではないですが、洗濯機を使用して洗ったり、乾燥機を使ったりした場合、状況が悪化する恐れがあります。

手洗いであれば、気をつけて洗えば、悪化の進行は防げる可能性があります。

気にせずにガンガン着て、洗濯機や乾燥機を使いたいと思われる場合は、現時点でステッチの補強をすることをお勧めします。

該当ステッチ箇所の補強を行えば、取り扱いは気にせず、洗濯機も使っても大丈夫だと思います。

または、普通に着て、洗濯機なども使ってみて、悪化するかどうかチェックして、悪化していたら、ステッチの補強を行うというのも一案です。

ヴィンテージでも着用の仕方、手入れ、付き合い方は人それぞれです。

お好みにあった付き合い方で、長くご愛用して頂く参考になれば幸いです。

ロングホーンインポートでは、これから70505を数着、Webストアに追加する予定です。ご興味のある方は、ぜひ、お立ち寄りください。

商品の追加情報などは、ロングホーンインポート Twitter, Facebook, Google+で告知しております。

将来的には、メールマガジンなどの購読オプションとして商品追加情報のメールサービスなどの開始も計画しております。


COMMENTS

Sponsored Links

$hide=mobile

Sponsored Links$hide=mobile

名前

101-J,12,13MWZ,2,40年代,2,501 66後期,3,501 66前期,6,501 ロングデイ,11,501CT,37,501STF,69,501XX,6,501と505の比較,1,501の手入れ法,10,501の歴史,20,505C,14,506xx,5,507xx,7,517,5,557と70505の違い,3,60年代,4,70505,12,80年代,11,866,1,877,1,Abbey Road Studio,2,Beatles,5,Bob Dylan,3,Book,2,Bruce Springsteen,8,eBay,1,food recipe,1,George Clooney,2,George Michael,1,Greeting,4,Jacob Davis,3,James Corden,2,James Dean,1,Ladies,3,Lee,9,Lee vs リーバイス,6,Lee200,8,Levi's,1,Love Me Do,1,LVC,9,Made in the USA製品,9,memory,2,Mick Jagger,3,Music,28,My Levi's 501,10,Paul McCartney,8,Ramones,4,Red Wing,22,redwing,15,Rolling Stones,4,SNS,9,Steve Jobs,5,Steve McQueen,2,Twitter,8,Very Special Memory,2,vintage catalog,1,vintage Levis,2,VOGUE,4,Western Style,2,Wrangler,10,アメリカ文化,3,ヴィンテージ,8,ヴィンテージ・ポスター,4,ヴィンテージ501,42,ヴィンテージ505,9,ヴィンテージジージャン,60,ヴィンテージディテール,1,ヴィンテージの手入れ,7,ヴィンテージの着こなし,7,ヴィンテージの魅力,10,ヴィンテージバンダナ,2,ヴィンテージラングラー,1,ヴィンテージリーバイス販促品,5,ヴィンテージ研究考察,26,ヴィンテージ考,7,ヴィンテージ全般,15,ウエスタンシャツ,1,オススメ,10,お知らせ,4,ギャラ入り,1,コーンミルズ,4,コラム,2,サード,13,ジーンズのサイズ,6,ジーンズの選び方,4,ジーンズの魅力,3,ジーンズ考,9,ジーンズ市場考察,5,ジーンズ用語,3,ジェーンバーキン,4,シンディクロフォード,2,スティーブマックイーン,4,スペシャルヴィンテージ,2,セカンド,2,タイプ物,5,タブレット,4,デニムのオンス数,4,デニムの歴史,13,ビデオ,9,ファースト,2,ブランケット付きジージャン,2,ブログ運営,8,ペンドルトンウールシャツ,8,ボーイフレンドジーンズ,5,マーロンブランド,6,モデル・年代判定,4,モハメッドアリ,1,リーバイス,17,リーバイス 501,31,リーバイス 501 レディース,19,リーバイス・スタジアム,3,リーバイス505,8,リーバイスコマーシャル,5,リーバイスの歴史,29,リーバイス考察,30,リーバイス製品とのつき合い,7,リーバイス発表・広告,6,ロングホーンインポートFlash!,19,映画・映画俳優,7,革パッチ501XX,3,現行リーバイス501,6,最古のジーンズ,4,女性用リーバイス,23,色落ち,7,人気記事,1,製品比較,16,石鹸・洗剤,4,穿き込み経過レポート,22,日米現行製品比較,3,米国製501,19,用語解説,2,料理,1,
ltr
item
私のリーバイス: 70505 BIg-Eの実践的な選び方事例
70505 BIg-Eの実践的な選び方事例
ヴィンテージ・ジージャンを購入する・選ぶ時のポイントについて、70505 ビッグEを例に、具体的な例を紹介します。
http://4.bp.blogspot.com/-CHcEyVyC5ms/VfXooNCqPNI/AAAAAAAAJBA/ugpM-wMPbjU/s320/70505%2BBig-E%252C%2BPendleton%252C%2Band%2B505.jpg
http://4.bp.blogspot.com/-CHcEyVyC5ms/VfXooNCqPNI/AAAAAAAAJBA/ugpM-wMPbjU/s72-c/70505%2BBig-E%252C%2BPendleton%252C%2Band%2B505.jpg
私のリーバイス
http://www.mylevis501.com/2015/09/70505-big-e-check-point.html
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/2015/09/70505-big-e-check-point.html
true
2278967306116535087
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy