Sponsored Links$hide=page-mobile-404

$show=mobile-home

|過去一週間でよく読まれている記事_$show=home$type=slider$speed=2200$snippet=hide

ヴィンテージ デニムのオンス数についての考察

ヴィンテージ リーバイスは、他のヴィンテージ品に比べて、かなり具体的なディテールや年代などの情報があります。

それらの情報の中で、通説となっているものでも、後で判明した事柄などによって、推定・判定する年代や内容が変更になる場合があります。

この様なことは、考古学や歴史、アンティーク品などの世界でもあることです。

また、年代推定する上での元となる材料が、どれほどの確度のものなのかにもよります。

基本的には、一つの材料よりも複数の材料がその年代推定をサポートする方が望ましいです。(ただし、確度のレベルなどにもよります。)

一つ前の投稿で、40年代から50年代前半(初めの方)の革パッチ片面タブの501XX(通称47年モデル)は、10オンスデニムを使用していると書きました。

この推定の材料は、その年代の501に取り付けられていたと考えられるFOR OVER 80 YEARSのギャランティーチケットに10オンスデニム使用が明記されていることでした。

ギャランティーチケットは、品質保証書に該当するものなので、チケットに記載されている内容は、保証されるべき内容の説明であるため、記載内容の信頼性は(非常に)高いです。

また、ギャランティーチケットのFOR OVER xx YEARSの部分は定期的に更新されているため、年代の確度は比較的高いです。

例えば、70 YEARSのチケットは、大戦前から大戦モデルにかけて、取り付けられていることが、複数のデッドストックの存在から確認できています。

70 YEARSの次の年は、80 YEARSです。そのことから、片面タブの501XXは、後者が使用されていることが、ほぼ確実です。

また、その後の年代のチケットからも逆算して、再確認することができます。

80 YEARSのギャランティーチケットに10オンスと記載されているのであれば、その製品は10オンスデニムを使用していることは、ほぼ確実です。

通常、ここまで高い確度の材料は、あまり見つかりません。

その一方で、片面タブの501XXを所有している方の中には、「これが10オンス??? とても信じられない。」と思われる方も少なくないのではと思います。

そこで、今回は他の材料などから、検証を行います。

私の手元には、40年代の後半から50年代の前半のカウボーイカタログが複数あります。

下の写真は、1950年のカタログ中の506XXです。10オンスのデニムを使用していると書かれています。(赤線でアンダーラインを入れている箇所)
別のカタログには、506XXのオンス数の表記はなく、その代わり、パンツ(501XX)と同じデニムを使用と書かれています。

また、オリジナルの506XXと501XXの両方をお持ちの方は、両者が同じデニムを使用していることは、お分かりいただけるかと思います。




なぜリーバイスは、ギャランティーチケット等でのオンス数の表記を辞めたのか?

FOR OVER 60 YEARSから80YEARSまでのギャランティーチケットには、"THEY ARE MADE OF SELECTED TEN OUNCE AMERICAN DENIM"と10オンスのデニムを使用している胸の表記があります。
それ以前のギャランティーチケットでは、9オンスです。

FOR OVER 85 YEARSのギャランティーチケットから文言は、"EXCLUSIVE XX TOP WEIGHT DENIM TESTS STRONGEST WEARS LONGEST"に変更となります。

特定の重さを示す表現ではなくTOP WEIGHTとしているのが特徴です
一つ前の記事にも書きましたが、オンス数の表記を止めた理由は、競合会社の宣伝手法が関係しているのではないかと考えています。

最初の写真で紹介した506XXのイラスト・商品説明と同じカタログに載っているラングラーのページを部分的に抜粋します。
”11-OZ. HEAVY WEIGHT  Sanforized Denim SADDLE PANTS”と大きめの目立つ表示がされ、11オンスデニムを使用していることを強調しています。

尚、Sanforizedは、防縮加工のことです。

こちらは、1949年のカウボーイカタログに掲載されているLeeの商品ページです。

商品の特徴に、11.5オンスデニムを使用していると説明があります。
Leeのデニムも、サンフォライズド(防縮加工)されたデニムです。

商品説明にも、Sanforized Shrunk ... to insure perfect fit. ”パーフェクトなフィットになるように、サンフォライズドして縮ませてある”と説明されています。

縮む前の状態の生デニムと縮ませた後の状態である防縮加工済みデニムを、オンス数で比較した場合、後者の方が数字上大きくなります。

生デニムを使用していることが特徴のリーバイス501XXは、防縮加工デニムを使用しているLee 101やラングラー11MW(Z)に対して、カタログ等に表示するオンス数では、低くなってしまう状況にありました。

そのため、1953-55年頃から登場したFOR OVER 85 YEARSのギャランティーチケットには、オンス数の記載を廃止したと推測しています。

また、1960年代からリーバイスも、防縮加工デニムを使用したジーンズを市場に投入します。

防縮加工デニムを使用した551ZXX/505ダブルネームのフラッシャーには、目立つ形でオンス数が表示されています。
PRE-SHRUNKは、あらかじめ縮ませてあることを意味します。防縮加工と同義です。

リーバイスも防縮加工デニムには、オンス数を積極的に明記していたことを示しています。

501のフラッシャーでは、オンス数の表記はないのとは対照的です。

このことも、生デニム使用の501では、オンス表記を控えていたこと(の理由)を間接的に示しています。


COMMENTS

Sponsored Links

$hide=mobile

Sponsored Links$hide=mobile

名前

101-J,12,13MWZ,2,40年代,2,501 66後期,3,501 66前期,6,501 ロングデイ,11,501CT,37,501STF,69,501XX,6,501と505の比較,1,501の手入れ法,10,501の歴史,20,505C,14,506xx,5,507xx,7,517,5,557と70505の違い,3,60年代,4,70505,12,80年代,11,866,1,877,1,Abbey Road Studio,2,Beatles,5,Bob Dylan,3,Book,2,Bruce Springsteen,8,eBay,1,food recipe,1,George Clooney,2,George Michael,1,Greeting,4,Jacob Davis,3,James Corden,2,James Dean,1,Ladies,3,Lee,9,Lee vs リーバイス,6,Lee200,8,Levi's,1,Love Me Do,1,LVC,9,Made in the USA製品,9,memory,2,Mick Jagger,3,Music,28,My Levi's 501,10,Paul McCartney,8,Ramones,4,Red Wing,22,redwing,15,Rolling Stones,4,SNS,9,Steve Jobs,5,Steve McQueen,2,Twitter,8,Very Special Memory,2,vintage catalog,1,vintage Levis,2,VOGUE,4,Western Style,2,Wrangler,10,アメリカ文化,3,ヴィンテージ,8,ヴィンテージ・ポスター,4,ヴィンテージ501,42,ヴィンテージ505,9,ヴィンテージジージャン,60,ヴィンテージディテール,1,ヴィンテージの手入れ,7,ヴィンテージの着こなし,7,ヴィンテージの魅力,10,ヴィンテージバンダナ,2,ヴィンテージラングラー,1,ヴィンテージリーバイス販促品,5,ヴィンテージ研究考察,26,ヴィンテージ考,7,ヴィンテージ全般,15,ウエスタンシャツ,1,オススメ,10,お知らせ,4,ギャラ入り,1,コーンミルズ,4,コラム,2,サード,13,ジーンズのサイズ,6,ジーンズの選び方,4,ジーンズの魅力,3,ジーンズ考,9,ジーンズ市場考察,5,ジーンズ用語,3,ジェーンバーキン,4,シンディクロフォード,2,スティーブマックイーン,4,スペシャルヴィンテージ,2,セカンド,2,タイプ物,5,タブレット,4,デニムのオンス数,4,デニムの歴史,13,ビデオ,9,ファースト,2,ブランケット付きジージャン,2,ブログ運営,8,ペンドルトンウールシャツ,8,ボーイフレンドジーンズ,5,マーロンブランド,6,モデル・年代判定,4,モハメッドアリ,1,リーバイス,17,リーバイス 501,31,リーバイス 501 レディース,19,リーバイス・スタジアム,3,リーバイス505,8,リーバイスコマーシャル,5,リーバイスの歴史,29,リーバイス考察,30,リーバイス製品とのつき合い,7,リーバイス発表・広告,6,ロングホーンインポートFlash!,19,映画・映画俳優,7,革パッチ501XX,3,現行リーバイス501,6,最古のジーンズ,4,女性用リーバイス,23,色落ち,7,人気記事,1,製品比較,16,石鹸・洗剤,4,穿き込み経過レポート,22,日米現行製品比較,3,米国製501,19,用語解説,2,料理,1,
ltr
item
私のリーバイス: ヴィンテージ デニムのオンス数についての考察
ヴィンテージ デニムのオンス数についての考察
80 YEARSのギャランティーチケットに10オンスと記載されているため、片面タブ501XXは10オンスデニムを使用していることは、ほぼ確実です。 しかし、片面タブの501XXを所有している方の中には、「これが10オンス??? とても信じられない。」と思われる方も少なくないのではと思います。今回は他の材料などから、検証を行います。
http://3.bp.blogspot.com/-he9jOcq3QF0/VjQze4PqUJI/AAAAAAAAJ3I/hbgsexhL2Nk/s320/506xxw%2BLI.jpg
http://3.bp.blogspot.com/-he9jOcq3QF0/VjQze4PqUJI/AAAAAAAAJ3I/hbgsexhL2Nk/s72-c/506xxw%2BLI.jpg
私のリーバイス
http://www.mylevis501.com/2015/10/vtg-levis-analysis-for-oz.html
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/2015/10/vtg-levis-analysis-for-oz.html
true
2278967306116535087
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy