Sponsored Links$hide=mobile

2003年米国工場を閉鎖時、なぜリーバイスはラングラーのようにしなかったのか?

ラングラージーンズを代表する定番モデル13MWZは、製造は米国からメキシコに変わりましたが、生地は変わらず米国製のヘビーオンス、ブロークンデニムを使用しています。
Wrangler 13MWZのインナータグ
上の写真は、13MWZの内側のタグです。MADE IN MEXICO OF US FABRIC, 100% COTTONと表記されています。米国製生地を使用して、メキシコで製造の意味です。
[post_ads]

『リーバイスも米国工場を閉鎖しても、13MWZの様に生地やその他の仕様は変えなければ良かったのに・・・』と思ってしまいます。

なぜ、リーバイスは501を、ラングラー13MWZの様に、”ジーンズ製造工場を海外に移しただけで、あとは変更しない”様にしなかったのか?について、考察を行います。


当初は、リーバイスもラングラーと同じ様なアプローチを取っていた


90年代の終わり頃から2000年代の初め頃、リーバイスは米国製501と同じ仕様の501をメキシコでも製造していました。

501シュリンクトゥフィットのモデルは、90年代後半からメキシコ製の存在が確認されています。
メキシコ製501STF
生産国が異なるだけで、生地や仕様は米国製と同じです。

リーバイスも元々は、ラングラーと同じ様なアプローチを行っていたことを示しています。

リーバイスは2003年末までに米国内の全工場を閉鎖しました。

米国工場閉鎖以前は、基本仕様は全て同じだった501は、それ以降、地域による独自仕様の501が誕生しました。

日本で販売される501は、リーバイスジャパンが企画し、製造もアジア圏で行われる様になりました。

ジャパン企画の501は、生地も仕様もそれまでの米国製501とは異なります。

米国ラインの501も生地、仕様が変更になりました。

米国ラインの方は、生地・仕様を変える必要があったのか?という疑問が浮かびます。

尚、事業運営での判断や企画は、必要に迫られて行うこともありますし、必要性いかんにかかわらず、自発的に行うこともあります。

あくまでも推測になりますが、当時、リーバイスは事業が低迷しており、赤字脱出が大命題でした。

米国工場を閉鎖したのも、リストラクチャリングの一環です。

「これまでのやり方ではダメだ。大きく変えなければいけない。」という様な考えが支配的になっていた可能性が考えられます。

米国内の工場を閉鎖しても、生地や仕様を変えないことは、保守的なアプローチです。

結果的に、リーバイスは保守的なアプローチではなく、踏み込んで生地や仕様などについても変更することを選択しました。

また、米国製生地の採用を止めたのは、供給元のコーンミルズの事情もあった可能性もあります。
LVC 67505 リジッド (生地は米国コーンミルズ製)


2003年コーンミルズ、Chapter 11申請


リーバイスが米国工場を全て閉鎖した2003年に、コーンミルズはチャプター11を申請しました。

Chapter 11は、日本語訳では”連邦倒産法第11章”です。日本の会社更生法に相当すると言われることもありますが、内容として民事再生法が近いとされています。

”倒産”という言葉が入っているので、どうしてもネガティブなイメージが強いですが、通常、事業はそのまま継続されます。

アメリカの大企業によるChapter 11の申請は、めずらしいことではありません。

しかし、採算的に悪化、行き詰まっていることを確実に示しているので、良いことではもちろんないです。

最初にコーンミルズChapter 11申請について知った時、同じ2003年のことなので、主要取引先のリーバイスが米国工場を閉鎖したため、採算が悪化し、コーンミルズがChapter 11を申請したのではと思いました。

その可能性もありますが、少し細かく調べてみると、コーンミルズのChapter 11申請とリーバイス米国工場閉鎖の関わりはあまり大きくなさそうな認識を持っています。


2003年前後のコーンミルズの状況・動向


2002年、コーンミルズは1994年以降、初めて黒字決算となりました。黒字転換に大きく貢献したのは、メキシコのジョイントベンチャーです。

加えて、コーンミルズは、2002年にトルコでのジョイントベンチャーを設立し、リーバイスのヨーロッパ事業部にデニム供給を開始しました。

現在、トルコには、LVC(Levi's Vintage Clothing)の主要な製造工場もあります。

コーンデニムがリーバイスと歩調を合わせながら、製造拠点を海外に移していることを示しています。

そして、リーバイスは、海外工場による生産に切り換えると共に、デニムなどの生地も現地や近隣地域で製造されたものを調達することにしたことを現しています。

501についても、製造拠点を海外に移転する際に、生地も海外製のものを調達することにしたと思われます。

近年は、米国製であることが人気となり、米国製が復活する傾向があります。90年代の終わりから2000年代初めは、逆の状況だったと思います。

501だけは、米国製を堅持して欲しかった。生地だけでも米国製を使い続けて欲しかった。というのが個人的な意見ですが、時代の流れ、当時の会社の状況を考えると難しかったのだろうなと思います。

関連ブログ記事:

[##check## コーンミルズ、2003年 Chapter 11 申請について]

COMMENTS

BLOGGER: 4
Loading...

Sponsored Links


Sponsored Links$hide=mobile



名前

101-J,12,13MWZ,2,40年代,2,501 66後期,3,501 66前期,6,501 ロングデイ,11,501-1995,9,501CT,37,501STF,72,501XX,6,501と505の比較,1,501の手入れ法,10,501の歴史,20,505C,14,506xx,6,507xx,8,517,5,557と70505の違い,3,60年代,4,70505,12,80年代,11,866,1,877,1,Beatles,11,Bob Dylan,3,Book,2,Bruce Springsteen,8,eBay,1,food recipe,1,George Clooney,2,George Michael,1,Greeting,4,Jacob Davis,3,James Corden,2,James Dean,1,Ladies,4,Lee,9,Lee vs リーバイス,6,Lee200,8,Levi's,1,Love Me Do,1,LVC,11,Made in the USA製品,9,memory,2,Music,28,My Levi's 501,10,News,8,Paul McCartney,8,Prince,2,Ramones,4,Red Wing,23,redwing,12,Rolling Stones,6,SNS,9,Steve Jobs,5,Twitter,8,Very Special Memory,2,vintage catalog,1,vintage Levis,2,VOGUE,4,Western Style,2,Wrangler,11,アメリカ文化,3,ヴィンテージ,8,ヴィンテージ・ポスター,4,ヴィンテージ501,43,ヴィンテージ505,9,ヴィンテージジージャン,60,ヴィンテージディテール,1,ヴィンテージの手入れ,9,ヴィンテージの着こなし,7,ヴィンテージの魅力,10,ヴィンテージバンダナ,2,ヴィンテージラングラー,3,ヴィンテージリーバイス販促品,5,ヴィンテージ研究考察,26,ヴィンテージ考,7,ヴィンテージ小物,9,ヴィンテージ全般,14,ウエスタンシャツ,1,オススメ,10,お知らせ,6,ギャラ入り,1,コーンミルズ,4,コラム,2,サード,13,ジーンズのサイズ,6,ジーンズの選び方,4,ジーンズの魅力,3,ジーンズ考,8,ジーンズ市場考察,5,ジーンズ用語,3,ジェーンバーキン,4,シンディクロフォード,2,スティーブマックイーン,6,スペシャルヴィンテージ,2,セカンド,2,タイプ物,5,タブレット,4,デニムのオンス数,4,デニムの歴史,13,ビデオ,9,ファースト,2,ブランケット付きジージャン,2,ブログ運営,9,ペンドルトンウールシャツ,8,ボーイフレンドジーンズ,4,マーロンブランド,6,モデル・年代判定,4,モハメッドアリ,1,リーバイス,17,リーバイス 501,32,リーバイス 501 レディース,20,リーバイス・オンラインストア,1,リーバイス・スタジアム,3,リーバイス505,8,リーバイスコマーシャル,8,リーバイスの歴史,29,リーバイスブック,10,リーバイス考察,42,リーバイス製品とのつき合い,8,リーバイス発表・広告,6,ロングホーンインポートFlash!,19,映画・映画俳優,7,革パッチ501XX,3,現行リーバイス501,17,最古のジーンズ,4,女性用リーバイス,23,色落ち,8,人気記事,1,製品比較,18,石鹸・洗剤,5,穿き込み経過レポート,22,日米現行製品比較,3,米国製501,22,用語解説,2,料理,1,
ltr
item
私のリーバイス: 2003年米国工場を閉鎖時、なぜリーバイスはラングラーのようにしなかったのか?
2003年米国工場を閉鎖時、なぜリーバイスはラングラーのようにしなかったのか?
ラングラージーンズを代表する定番モデル13MWZは、製造は米国からメキシコに変わりましたが、生地は変わらず米国製のヘビーオンス、ブロークンデニムを使用しています。なぜ、リーバイスは501を、ラングラー13MWZの様に、”ジーンズ製造工場を海外に移しただけで、あとは変更しない”様にしなかったのか?について、考察を行います。
https://4.bp.blogspot.com/-IV_rEl0x9mU/V2rZ4SJKFfI/AAAAAAAAL-I/egdvD-4ZIIAhmuUvH4tb6Ezl51piyaTOQCK4B/s400/Wrangler%2B13MWZ%2BTag.jpg
https://4.bp.blogspot.com/-IV_rEl0x9mU/V2rZ4SJKFfI/AAAAAAAAL-I/egdvD-4ZIIAhmuUvH4tb6Ezl51piyaTOQCK4B/s72-c/Wrangler%2B13MWZ%2BTag.jpg
私のリーバイス
http://www.mylevis501.com/2016/06/2003-levis-biz-decision.html
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/2016/06/2003-levis-biz-decision.html
true
2278967306116535087
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy