Sponsored Links$hide=mobile

60年代後半の501の変化:隠しリベット廃止とロット表記変更

1960年代は激動の時代です。社会構造、制度、しきたり、風習、人々の考えなども大きく変革した時期です。

60年代についての主な出来事の事例を少し挙げると、ベトナム戦争、反戦活動、公民権運動、ケネディ大統領暗殺、キング牧師暗殺、等本当に社会全体に影響を及ぼすような出来事、衝撃的な事件などがあり、まさに激動の時代だったことを表しています。
[post_ads]

時代が大きく動く中、ジーンズは若者達の社会運動のユニフォームのような存在となり、急速に普及します。

リーバイスは、1960年代から70年代中頃までの間に売り上げが急上昇しました。また、1960年代中頃から、ヨーロッパと日本をはじめとしたアジア圏に本格進出しました。

需要の急激な増加に対応するために、リーバイスは、工場を増設、生産キャパシティを急拡大させました。

関連ブログ記事:

60年代から70年代頃までのリーバイス特集ドキュメンタリーフィルムの紹介記事です。
[##check## Levi's As America: A Riveting Icon パート4]


60年代後半、リーバイス501の仕様・ディテールも細かい点を含めて様々な変更、変化があります。


60年代後半の501のディテールの変化と推定年


1966年、リーバイスは501の大きな仕様変更を行いました。隠しリベットの廃止です。
501XX 隠しリベット
実用上は特に大きな差はないのですが、隠しリベットを大きな特徴としてかつて売り込んでいたこと、リベットを使用していることは、リーバイスのアイデンティティでもあるので、隠しリベット(バックポケット取り付け強化リベット)の廃止は501の歴史上、大きな変更であると言えます。
隠しリベット501登場時の宣伝。(Photo:  LS&Co. Archive)
この変更は、工程の削減、生産性を高めるためと言った理由もあったと思います。時代の変化、リーバイスも大きく変わっている時の象徴的な変更だったとも言えます。

隠しリベットの廃止に伴い、フラッシャーのデザインも変更されました。 

フラッシャーのデザイン・表記変更については、以下の記事をご参照ください。

[##check## 501のフラッシャーとは?]

隠しリベットの廃止とそれに伴うフラッシャーデザインの変更が1966年に行われたことは、リーバイス社の資料、そして、フラッシャーのコピーライトが1966年となっていることから確認できます。


パッチのLOT番号表記変更


パッチのLOT番号の表記が変更になりました。このパッチのロット番号表記変更は、ヴィンテージ市場で一般的に、「品番変更」と呼ばれています。(ロット番号変更と呼ぶこともあります。呼び方は人それぞれです。)

以下、主要なデニム製品の表記の変更です。

  • 501XXは501
  • 501ZXXは502
  • 551ZXXは505
  • 557は70505

ヴィンテージ501のモデル名・通称は、パッチの表記と関わりが深いものが多いです。

パッチの表記が501XXのものは、一般的に”501XX"と呼ばれています。
501XX (ベルトループセンターセット)のパッチ
  • [message]
    • 備考
      • 80年代後半から2003年までの米国製501シュリンクトゥフィットのパッチのロット番号表記は、501xxです。しかし、一般的にこれらの501は、501XXまたは501xxとは呼ばないことが多いです。呼び方はあだ名と同じなので、特にルールがあるわけではなく、俗称(一般的に普及している名称)です。
このパッチ表記が変更になった年は、以前は1966年と考える見方が強かったようです。

フラッシャーのコピーライト1966年のものが、501XXとそれ以降のモデルで使用されていることから、品番変更は1966年に行われたと考えられていたのではないかと推測しています。


  • [message]
    • 備考
      • LVCの66501は、1966年モデルと位置付けられています。パッチの表記は、ダブルネームになっています。
LVC 66501のパッチ(リーバイス公式オンラインストアから引用)
1966年モデルにダブルネームのパッチが付いているのは、かつてヴィンテージブーム時に品番変更は1966年だったとの考えが支配的だった時の名残ではないかと個人的に考えています。

隠しリベットのない501XXは、それなりの数があるため、最終501XXは、少なくとも1966年の終わり近くまで製造されていたのではないかと推測しています。

現時点での501ロット番号表記で、XXがないものはダブルネームを含めて、1967年以降ではないかと考えています。(後で見つかった資料などで推定年は変わる可能性があります。)

この件については、いつか別途考察記事を投稿しようと思っています。

実際にダブルネームが登場したのは、1966年であった可能性ももちろんありますが、LVCの年代が必ずしも正確(事実)であるとは限りません。

過去の製品の情報は、後で見つかった資料などから、推定年が変更になることは珍しいことではありません。

リーバイスオンラインストアの501 1966 Model(LVC 66501)の商品説明の中で、"Big E"のレッドタブを持つスタイルは、”1966年から1971年”となっています。

”ビッグEのタグは、1971年まで使われていた”と言うのも、以前支配的な認識でしたが、実際のところ501は少なくとも1973年まではビッグEのタブを使っていたことが後で判明しています。

細かい話なので、大まかな観点でいえば、パッチのLOT番号表記変更は、1966年か1967年のどちらかになります。

パッチのロット番号表記変更以降のパッチの表記形式は、様々な種類があります。次の記事でこのことについて書く予定です。

COMMENTS


Sponsored Links


Sponsored Links$hide=mobile



名前

101-J,12,13MWZ,2,40年代,2,501 66後期,3,501 66前期,6,501 ロングデイ,11,501-1995,9,501CT,37,501STF,72,501XX,6,501と505の比較,1,501の手入れ法,10,501の歴史,20,505C,14,506xx,6,507xx,8,517,5,557と70505の違い,3,60年代,4,70505,12,80年代,11,866,1,877,1,Beatles,11,Bob Dylan,3,Book,2,Bruce Springsteen,8,eBay,1,food recipe,1,George Clooney,2,George Michael,1,Greeting,4,Jacob Davis,3,James Corden,2,James Dean,1,Ladies,4,Lee,9,Lee vs リーバイス,6,Lee200,8,Levi's,1,Love Me Do,1,LVC,11,Made in the USA製品,9,memory,2,Music,28,My Levi's 501,10,News,8,Paul McCartney,8,Prince,2,Ramones,4,Red Wing,23,redwing,12,Rolling Stones,6,SNS,9,Steve Jobs,5,Twitter,8,Very Special Memory,2,vintage catalog,1,vintage Levis,2,VOGUE,4,Western Style,2,Wrangler,11,アメリカ文化,3,ヴィンテージ,8,ヴィンテージ・ポスター,4,ヴィンテージ501,43,ヴィンテージ505,9,ヴィンテージジージャン,60,ヴィンテージディテール,1,ヴィンテージの手入れ,9,ヴィンテージの着こなし,7,ヴィンテージの魅力,10,ヴィンテージバンダナ,2,ヴィンテージラングラー,3,ヴィンテージリーバイス販促品,5,ヴィンテージ研究考察,26,ヴィンテージ考,7,ヴィンテージ小物,9,ヴィンテージ全般,14,ウエスタンシャツ,1,オススメ,10,お知らせ,6,ギャラ入り,1,コーンミルズ,4,コラム,2,サード,13,ジーンズのサイズ,6,ジーンズの選び方,4,ジーンズの魅力,3,ジーンズ考,8,ジーンズ市場考察,5,ジーンズ用語,3,ジェーンバーキン,4,シンディクロフォード,2,スティーブマックイーン,6,スペシャルヴィンテージ,2,セカンド,2,タイプ物,5,タブレット,4,デニムのオンス数,4,デニムの歴史,13,ビデオ,9,ファースト,2,ブランケット付きジージャン,2,ブログ運営,9,ペンドルトンウールシャツ,8,ボーイフレンドジーンズ,4,マーロンブランド,6,モデル・年代判定,4,モハメッドアリ,1,リーバイス,17,リーバイス 501,32,リーバイス 501 レディース,20,リーバイス・オンラインストア,1,リーバイス・スタジアム,3,リーバイス505,8,リーバイスコマーシャル,8,リーバイスの歴史,29,リーバイスブック,10,リーバイス考察,42,リーバイス製品とのつき合い,8,リーバイス発表・広告,6,ロングホーンインポートFlash!,19,映画・映画俳優,7,革パッチ501XX,3,現行リーバイス501,17,最古のジーンズ,4,女性用リーバイス,23,色落ち,8,人気記事,1,製品比較,18,石鹸・洗剤,5,穿き込み経過レポート,22,日米現行製品比較,3,米国製501,22,用語解説,2,料理,1,
ltr
item
私のリーバイス: 60年代後半の501の変化:隠しリベット廃止とロット表記変更
60年代後半の501の変化:隠しリベット廃止とロット表記変更
1960年代は激動の時代です。社会構造、制度、しきたり、風習、人々の考えなども大きく変革した時期です。60年代はリーバイスにとっても大きな変化の時代でした。需要の急激な増加に対応するために、リーバイスは、工場を増設、生産キャパシティを急拡大させました。60年代後半、リーバイス501の仕様・ディテールも細かい点を含めて様々な変更、変化があります。
https://2.bp.blogspot.com/-h9D3CgSXLek/V27tfCQBwwI/AAAAAAAAMDM/oTzmBUm25uMZps0dSy6-ufQf7HbjeDpdgCK4B/s400/Hidden%2BRivet%2B%2526%2B501XX%2BPaper%2BPatch.jpg
https://2.bp.blogspot.com/-h9D3CgSXLek/V27tfCQBwwI/AAAAAAAAMDM/oTzmBUm25uMZps0dSy6-ufQf7HbjeDpdgCK4B/s72-c/Hidden%2BRivet%2B%2526%2B501XX%2BPaper%2BPatch.jpg
私のリーバイス
http://www.mylevis501.com/2016/06/60s-501-major-spec-change.html
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/2016/06/60s-501-major-spec-change.html
true
2278967306116535087
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy