Sponsored Links$hide=page-mobile-404

$show=mobile-home

|過去一週間でよく読まれている記事_$show=home$type=slider$speed=2200$snippet=hide

多くの細かい501仕様変更が行われた1960年代と1980年代

1890年頃に、1873年に誕生した最初のジーンズXXに501というロット番号が付与されました。以降、現在まで501のパッチには、伝統ある501のロット番号が表記されています。

時代・流行とともに変化する衣類として極めて異例な長寿命を持つ501は、伝統的な仕様・特徴は継承しながら時代ごとに細かい仕様変更が行われ現在に至っています。

[post_ads]



501の伝統的な仕様と変更点



  • ポケット取り付け強化にリベットを使用(1873年から)
  • ボタンフライ(1873年から)
  • バックポケットにアーキュエットステッチ(1873年から)
  • 生デニムによるシュリンクトゥフィット(1873年から)
    • 現在は生デニムでない加工生地使用モデルも多数あります。
  • スタンダードなストレートシルエット(1873年から)
  • ツーホースブランドのパッチ(1886年ごろから)
  • 501のロット番号付与(1890年ごろから)
  • 左バックポケットが追加され計5ポケット(1901年頃から)
  • ベルトループが追加される(1922年から)
  • 右バックポケット左脇に赤タブが取り付けられる(1936年から)
  • バックポケット隠しリベットに変更。サスペンダーボタン廃止(1937年)
  • シンチバック、クロッチリベット廃止(1940年代前半)
  • パッチの素材が革から紙に変更(1950年代後半)

ポケットにリベット、ボタンフライ、バックポケットのアーキュエットステッチ、生デニムのシュリンクトゥフィット、ストレートシルエットは、最初のジーンズから現代まで継承されている501の伝統的仕様・特徴です。

詳しくは、以下の記事をご参照ください。

[##check## リーバイス 501とは?]

長い歴史を持つ501の歴史の中で、特に多くの細かい仕様変更が行われたのは、1960年代と1980年代です。


1960年代の仕様変更



  • 後ろ中央ベルトループ取り付けが、オフセットからセンターセットへ
  • 内側のリベット素材、銅からアルミへ
  • バックポケット取り付け強化隠しリベットからバータックへ
  • ビッグE赤タブの表記変更(均等Vから不均等Vへ)
  • ボタン裏刻印がアルファベット1文字から数字へ
  • アーキュエットステッチ、イエローからオレンジへ
  • Vステッチ、ウエストシングルから、平行ステッチ、ウエストチェーンへ
  • クロッチバータックの追加
  • ロット表記変更と多種類のパッチ表記形式
  • ウォッチポケット入り口裏シングルからチェーンへ
  • 現代的な少しテーパードが入るシルエットへのリファインメント
  • フラッシャーの表記変更
ヴィンテージ市場で有名なモデル呼称、501XXからビッグEへの変更が行われたのは、1960年代です。

この様に改めて振り返ってみると、501の歴史上、かなりの箇所の仕様変更が行われたことが分かります。

1960年代は、アメリカの社会構造、文化伝統、風習、人々の考え方が大きく変わった時代です。

時代が大きく動いた60年代に、501も共に変わってきていると改めて思います。

60年代の501の変更は、比較的良く知られていると思います。実は、80年代も60年代と同じくらい目まぐるしく変更が行われています。

80年代の501の変更点を以下に記します。


1980年代の仕様変更



  • ボタン裏刻印が一桁から3桁の数字へ表記変更
  • アウトシーム脇割りバージョンの追加
  • セルビッジ(赤耳)デニム生産中止
  • 赤耳の在庫が尽き、全て脇割り仕様になる
  • インシームシングルステッチからダブルステッチへ
  • 裾裏チェーンステッチからシングルステッチへ
  • バックポケットのバータック(カンヌキ)ステッチの色が、黒からオレンジへ
  • パッチのロット番号の上にスタンプされるCARE INSTRUCTION INSIDE GARMENT表記の廃止
  • 多種類の501ロット番号パッチ表記形式
  • フラッシャーの表記変更
  • 少し深めの股上と少し上にバックポケット位置を移動
  • フロントトップボタン支柱をプラスチックに試験的に採用

この様に80年代は、60年代と並んで、501に数多くの仕様変更が行われました。

尚、2013年第4四半期頃に行われた501STFのステッチ関係の仕様変更は、80年代に変更されたものを、60年代の仕様を模倣したものに戻すような形で行われています。


2013年のステッチ仕様の変更


  • トップボタン脇、平行ステッチからVステッチへ
  • インシームダブルからシングルへ
  • ウォッチポケット入り口裏チェーンからシングルへ
  • バックポケット裏チェーンからシングルへ

などです。


  • [message]
    • ##hand-o-right## 備考
      • ステッチの仕様変更は、501STFではない洗い加工が施されたオリジナルのモデルでは、2013年よりも前から部分的に行われていました。501の伝統を継承する501STFの仕様変更は、リーバイスは慎重に行う傾向があります。(長年のユーザーからを批判を受けるため)

2013年に行われたステッチ関係の仕様変更の詳細は、以下の記事をご参照ください。

[##check## 現行501STFが仕様変更により魅力大幅アップ!! 新モデルと従来モデルの仕様比較]

魅力アップとタイトルに書いていますが、主に日本人の感覚での話です。アメリカでは、変更は評判が悪かったです。

[##check## 米国ユーザーから不評な501STF ステッチ仕様変更]

80年代中頃の501STFの仕様を比較してみました。

[##check## 年代の近い80年代中頃の501ディテール比較]

COMMENTS

Sponsored Links

$hide=mobile

Sponsored Links$hide=mobile

名前

101-J,12,13MWZ,2,40年代,2,501 66後期,3,501 66前期,6,501 ロングデイ,11,501CT,37,501STF,69,501XX,6,501と505の比較,1,501の手入れ法,10,501の歴史,20,505C,14,506xx,5,507xx,7,517,5,557と70505の違い,3,60年代,4,70505,12,80年代,11,866,1,877,1,Abbey Road Studio,2,Beatles,5,Bob Dylan,3,Book,2,Bruce Springsteen,8,eBay,1,food recipe,1,George Clooney,2,George Michael,1,Greeting,4,Jacob Davis,3,James Corden,2,James Dean,1,Ladies,3,Lee,9,Lee vs リーバイス,6,Lee200,8,Levi's,1,Love Me Do,1,LVC,9,Made in the USA製品,9,memory,2,Mick Jagger,3,Music,28,My Levi's 501,10,Paul McCartney,8,Ramones,4,Red Wing,22,redwing,15,Rolling Stones,4,SNS,9,Steve Jobs,5,Steve McQueen,2,Twitter,8,Very Special Memory,2,vintage catalog,1,vintage Levis,2,VOGUE,4,Western Style,2,Wrangler,10,アメリカ文化,3,ヴィンテージ,8,ヴィンテージ・ポスター,4,ヴィンテージ501,42,ヴィンテージ505,9,ヴィンテージジージャン,60,ヴィンテージディテール,1,ヴィンテージの手入れ,7,ヴィンテージの着こなし,7,ヴィンテージの魅力,10,ヴィンテージバンダナ,2,ヴィンテージラングラー,1,ヴィンテージリーバイス販促品,5,ヴィンテージ研究考察,26,ヴィンテージ考,7,ヴィンテージ全般,15,ウエスタンシャツ,1,オススメ,10,お知らせ,4,ギャラ入り,1,コーンミルズ,4,コラム,2,サード,13,ジーンズのサイズ,6,ジーンズの選び方,4,ジーンズの魅力,3,ジーンズ考,9,ジーンズ市場考察,5,ジーンズ用語,3,ジェーンバーキン,4,シンディクロフォード,2,スティーブマックイーン,4,スペシャルヴィンテージ,2,セカンド,2,タイプ物,5,タブレット,4,デニムのオンス数,4,デニムの歴史,13,ビデオ,9,ファースト,2,ブランケット付きジージャン,2,ブログ運営,8,ペンドルトンウールシャツ,8,ボーイフレンドジーンズ,5,マーロンブランド,6,モデル・年代判定,4,モハメッドアリ,1,リーバイス,17,リーバイス 501,31,リーバイス 501 レディース,19,リーバイス・スタジアム,3,リーバイス505,8,リーバイスコマーシャル,5,リーバイスの歴史,29,リーバイス考察,30,リーバイス製品とのつき合い,7,リーバイス発表・広告,6,ロングホーンインポートFlash!,19,映画・映画俳優,7,革パッチ501XX,3,現行リーバイス501,6,最古のジーンズ,4,女性用リーバイス,23,色落ち,7,人気記事,1,製品比較,16,石鹸・洗剤,4,穿き込み経過レポート,22,日米現行製品比較,3,米国製501,19,用語解説,2,料理,1,
ltr
item
私のリーバイス: 多くの細かい501仕様変更が行われた1960年代と1980年代
多くの細かい501仕様変更が行われた1960年代と1980年代
時代・流行とともに変化する衣類として極めて異例な長寿命を持つ501は、伝統的な仕様・特徴は継承しながら、時代ごとに細かい仕様変更が行われ現在に至っています。長い歴史を持つ501の歴史の中で、特に多くの細かい仕様変更が行われたのは、1960年代と1980年代です。
https://1.bp.blogspot.com/-O8gzZd4HvBo/V7i4Pz-bTmI/AAAAAAAANL4/DbzbYvPp0ZEEyT2631456AC4hEeTodGkACK4B/s640/501%2Bmajor%2Bspec%2Bchange%2Bin%2B1960s%2Band%2B1980s.png
https://1.bp.blogspot.com/-O8gzZd4HvBo/V7i4Pz-bTmI/AAAAAAAANL4/DbzbYvPp0ZEEyT2631456AC4hEeTodGkACK4B/s72-c/501%2Bmajor%2Bspec%2Bchange%2Bin%2B1960s%2Band%2B1980s.png
私のリーバイス
http://www.mylevis501.com/2016/08/501spec-change-era-60s80s.html
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/2016/08/501spec-change-era-60s80s.html
true
2278967306116535087
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy