Sponsored Links$hide=mobile

95才の女性が1930年代のジージャンをリーバイスに寄贈!

リーバイス本社の公式ブログに、1930年代のリーバイス213と寄贈したオーナーの女性についての記事が投稿されました。とても興味深い内容のため、概要を紹介します。

本記事は、リーバイス公式ブログ記事、GROWING UP IN LEVI’S®: THE STORY BEHIND THIS CHILDHOOD JACKETを元に注釈などを加えています。


1930年代のリーバイス デニムジャケット 213 全体写真
1930年代リーバイス デニムジャケット 213
Photo: LS&Co.
写真からもとても魅力的な色、雰囲気が感じられます。襟部や肘から袖にかけて部分的に色落ちしていることなどから、愛用されていたことが良く分かります。着用感に対して、素晴らしいコンディションです!
[post_ads]

寄付された213のディテール・特徴

  • No. 2 デニム
  • リネンパッチ
  • NRA Blue Eagleのタグ付き
  • 左胸1ポケット、フラップ付き
  • フロントプリーツ
  • シンチバック
  • ドーナツボタン

リバース213とは?

1890年頃、リーバイスは最上級のXXデニムを使用するオーバーオールに501のロット番号を付与しました。同時期に廉価版のラインには200番代のロット番号が付与されました。

500番台の製品はNo.1、200番台はNo.2 と呼ばれたりしていました。

[501の呼称の変化:昔は単にリーバイス(オーバーオール)だった! ##link##]

古い年代(1920年代以前)の201のパッチには、ツーホースマークの両脇に大きな文字でNo.2の表記が入ります。

[リーバイス 201についての話 - 米リーバイス本社のブログ記事の紹介 ##link##]

213は、No.2 (200番台)のラインのデニムジャケットです。No.1のラインは革パッチが取り付けられているのに対して、No.2のラインはリネン(麻)素材、布製のパッチを使用しているのが特徴の一つです。


1930年代リーバイス213のパッチの拡大画像:ツーホースマーク、ロット番号213、サイズ38が読み取れます。
1930年代リーバイス213のパッチ
Photo: LS&Co.
ロット番号213、サイズ38、リーバイスのパッチに伝統的に表示されるツーホースマークの表示が読み取れます。

襟の下、パッチの上に赤字でこのジャケットの持ち主の”Phyllis M. Starkey”の名前の入った小さな布が取り付けられています。ヴィンテージデニムジャケットなどでこの様な名前の入ったタグが付いたものを時折見かけることがあります。

[Lee 101-J 黒タグ サイズ40 / ロングホーンインポート ##external-link##]

パッチ(布のレーベル)の下側に別の布タグが縫い付けられています。このタグは、1930年代の大恐慌下でフランクリン・ルーズベルト大統領によって行われたニューディール政策の一環であるNational Industrial Recovery Act (NIRA)に準拠することを示すブルーイーグルと呼ばれるロゴマークの入ったものです。
NRA Blue Eagle
ブルーイーグルの(National Recovery Administration, NRAのメンバーであることを示す)ロゴデザインは、NIRAが実施された1933年に登場しました。ブルーイーグルのタグが付いていることから、このジャケット213の年代は1933年頃から30年代の半ば頃の製品と思われます。

以下に、大恐慌時代のデニムを着た若者の写真についての考察記事へのリンクを添付します。

[ヴィンテージの楽しみ方例:古い写真を見て調べて知った事 ##link##]


213のオーナー Phyllis M. Starkeyさん


1930年代の213をリーバイスに寄付したPhyllis Starkey Davisさんは95才です。誕生年は1921年の可能性が高いです。Phyllisさんが子供の時、一家はミネソタからアリゾナに引っ越しました。ミネソタはアメリカ中東部、アリゾナは中西部です。
(1934年頃描かれた)13才のPhyllis Starkeyさん
Phyllisさんは、直ぐに西部の風習に馴染んだそうです。彼女は、馬に乗って砂漠を探検したり、ウエスタンドレスを着たりしていました。服はもちろん、リーバイスのデニムです。

当時は、大恐慌(1929年から1930年代終わりごろまで)の最中でした。Phyllisさんの両親は、質屋(Thrift shop)で中古の213を彼女に買いました。彼女のお兄さんのChesterは、リーバイスのコートを買ってもらったそうです。

213の年代とPhyllisさんの話から、彼女が213を買ってもらったのは、10代の半ば頃のことだったと推測しています。213は直ぐにPhyllisさんのお気に入りの普段着となったそうです。

この213は、Phyllisさんに合うようにデニム生地を追加して袖を長くするカスタムが施されています。
オーナーの体型に合うように袖を長くするためのカスタムが施された1930年代のリーバイス213
写真から、カフス部を一旦解いて、デニム生地を追加して縫い合わせたと思われます。追加されたデニム生地は赤耳(赤いストライプの入ったセルビッジ)付きです!赤耳のためリーバイス・ジーンズの生地を流用した可能性が高いです。

下の写真は、Phyllisさんと彼女の従兄弟のMarcia Congdonさんです。Marciaさんは、リーバイ・ストラウス社のサウスウェストエリアのセールスマネージャーだったそうです。
Phyllis Davis (right) and Marcia Congdon (left)
恐らく、Marciaさんの関係もあって彼女が勤務していたリーバイス社に、Phyllisさんは213を寄贈することにしたのではと思います。

Phyllisさんが、約80年間もの長い間、所有していた若き日の大切な思い出の詰まった愛用のリーバイスのデニムジャケット 213。写真からも特別なものであることが感じられます。

オーナーが健在で、オーナーの話も含めて知ることができるというのは本当に特別なことだと思います。これは、アメリカの歴史、西部文化との関わりが深いリーバイスならではのエピソードだとリーバイスのブログ記事を読んで、感慨深く思いました。

関連記事:

[1900年代初めのリーバイスのサインがアリゾナで発見される! ##link##]

[古いリーバイス販売店の看板(サイン):伝統と歴史を大切に引き継ぐお店 ##link##]

COMMENTS


Sponsored Links


Sponsored Links$hide=mobile



名前

101-J,12,13MWZ,2,40年代,2,501 66後期,3,501 66前期,6,501 ロングデイ,11,501-1995,10,501CT,37,501STF,72,501XX,6,501と505の比較,1,501の手入れ法,10,501の歴史,20,505C,14,506xx,6,507xx,8,517,5,557と70505の違い,3,60年代,4,70505,12,80年代,11,866,1,877,1,Beatles,11,Bob Dylan,3,Book,2,Bruce Springsteen,8,eBay,1,food recipe,1,George Clooney,2,George Michael,1,Greeting,4,Jacob Davis,3,James Corden,2,James Dean,1,Ladies,4,Lee,9,Lee vs リーバイス,6,Lee200,8,Levi's,1,Love Me Do,1,LVC,11,Made in the USA製品,9,memory,2,Music,28,My Levi's 501,10,News,8,Paul McCartney,8,Prince,2,Ramones,4,Red Wing,23,redwing,12,Rolling Stones,6,SNS,9,Steve Jobs,5,Twitter,8,Very Special Memory,2,vintage catalog,1,vintage Levis,2,VOGUE,4,Western Style,2,Wrangler,11,アメリカ文化,3,ヴィンテージ,8,ヴィンテージ・ポスター,4,ヴィンテージ501,43,ヴィンテージ505,9,ヴィンテージジージャン,60,ヴィンテージディテール,1,ヴィンテージの手入れ,9,ヴィンテージの着こなし,7,ヴィンテージの魅力,10,ヴィンテージバンダナ,2,ヴィンテージラングラー,3,ヴィンテージリーバイス販促品,5,ヴィンテージ研究考察,26,ヴィンテージ考,7,ヴィンテージ小物,9,ヴィンテージ全般,14,ウエスタンシャツ,1,オススメ,10,お知らせ,6,ギャラ入り,1,コーンミルズ,4,コラム,2,サード,13,ジーンズのサイズ,6,ジーンズの選び方,4,ジーンズの魅力,3,ジーンズ考,8,ジーンズ市場考察,5,ジーンズ用語,3,ジェーンバーキン,4,シンディクロフォード,2,スティーブマックイーン,6,スペシャルヴィンテージ,2,セカンド,2,タイプ物,5,タブレット,4,デニムのオンス数,4,デニムの歴史,13,ビデオ,9,ファースト,2,ブランケット付きジージャン,2,ブログ運営,9,ペンドルトンウールシャツ,8,ボーイフレンドジーンズ,4,マーロンブランド,6,モデル・年代判定,4,モハメッドアリ,1,リーバイス,17,リーバイス 501,32,リーバイス 501 レディース,20,リーバイス・オンラインストア,1,リーバイス・スタジアム,3,リーバイス505,8,リーバイスコマーシャル,8,リーバイスの歴史,29,リーバイスブック,10,リーバイス考察,42,リーバイス製品とのつき合い,8,リーバイス発表・広告,6,ロングホーンインポートFlash!,19,映画・映画俳優,7,革パッチ501XX,3,現行リーバイス501,18,最古のジーンズ,4,女性用リーバイス,23,色落ち,8,人気記事,1,製品比較,18,石鹸・洗剤,5,穿き込み経過レポート,22,日米現行製品比較,3,米国製501,22,用語解説,2,料理,1,
ltr
item
私のリーバイス: 95才の女性が1930年代のジージャンをリーバイスに寄贈!
95才の女性が1930年代のジージャンをリーバイスに寄贈!
若い頃に愛用し、80年間大切に保管してきた1930年代のリーバイス213をリーバイスに寄贈した95才の女性と彼女の213の紹介です。
https://3.bp.blogspot.com/-yLhuxsxFAkQ/WF73I-gX4qI/AAAAAAAAORA/BS7KYpCZnTIUoDHasG5ga5BQwgELDLtBwCK4B/s640/1930s%2BLevis%2Bdenim%2Bjacket%2Blot%2523213.jpg
https://3.bp.blogspot.com/-yLhuxsxFAkQ/WF73I-gX4qI/AAAAAAAAORA/BS7KYpCZnTIUoDHasG5ga5BQwgELDLtBwCK4B/s72-c/1930s%2BLevis%2Bdenim%2Bjacket%2Blot%2523213.jpg
私のリーバイス
http://www.mylevis501.com/2016/12/1930s-levis-213-owner-episode.html
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/2016/12/1930s-levis-213-owner-episode.html
true
2278967306116535087
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy