$hide=mobile-404

リーバイスジャパン 秋の新作 DOUBLE STITCH コレクション

リーバイスジャパンは8月の初めにオンラインストアのリニューアルを行いました。その際、501 2013 モデルの露出がかなり抑えられてきているなと言う印象を持ちました。

関連記事:リーバイスジャパンの501 2013年モデルのマーケティングについて



本日、その後何か変化があったのかな?とぼんやり思いながら、リーバイスジャパンの公式オンラインストアを見ていました。


以下は、その時(2014年8月25日)のオンラインストアのバナー表示のスクリーンビデオです。





バナーの最初の方は秋冬のコレクション、続いて、セール等のお知らせ等が表示されています。8月はちょうど秋冬の新作コレクション投入と前シーズンの製品のセール中の時期なので、ぼんやりと流れてくるバナーを見ていました。

そして、あるバナーのところで、そこに書いてある言葉に目がとまりました。



NEW FOR FALL
DOUBLE STITCHTM (ダブルステッチ)
LEVI'S®アイコニックなアイテムに
コントラストダブルステッチとプレミアムファブリックを加えることで
洗練されたモデルにアップデート。
細部にまでこだわり抜いたDOUBLE STITCH COLLECTION

ヴィンテージのステッチで、ある部分が”シングルステッチ”であることは、年代のモデル判定等に使われる注目のディテールです。

例としては、バックポケット裏シングル(66前期まで)、インシームシングル(赤耳まで)、腰裏トップシングル(ビッグE初期まで)などです。特にバックポケット裏シングルは、66前期と後期の見分けるポイントとして有名です。

ジーンズが好き、特に色落ち等にこだわるユーザーは、裾裏が”チェーンステッチ”であることを求めたりします。

”ダブルステッチ”であることが注目されることは、今までほとんど目にしたことがありませんでした。

「一体、何なんだろう?」と思い、良く写真を見てみると通常一本のステッチの所に間隔が狭い2本の平行のステッチが入れられていることに気づきました。

好意的に解釈すると斬新です。革新的なデザインとも言えます。

バナーにある"DOUBLE STITCH"の隣には、トレードマークを意味するTMまで入っています。

リーバイスジャパンとして、ある程度、力を入れていることは想像できます。

この様な新しい試み、製品企画も良いと思います。しかし、その一方で、リーバイス社には伝統ある看板製品501があります。

ジーンズの元祖であるリーバイ社のジーンズ501には、長年使い続けてきた伝統的なディテールや特徴をたくさん備えています。以下それらの例です。
  • 生デニム(1873年のジーンズ誕生時から)
  • ポケット取り付け強化のリベット(1873年のジーンズ誕生時から現在)
  • バックポケットのアーキュエットステッチ(弓状のステッチ)(1873年のジーンズ誕生時から現在。1943年にトレードマーク登録)
  • フロントボタンフライ(1873年のジーンズ誕生時から現在)
  • ロット番号501(1890年から現在)
  • 右ウエストバンド(腰部)に浸けられたツーホースブランドのパッチ(1886年から現在)
  • フロン2つ、左上にウォッチポケット、バック2つの計5ポケット(1901年から現在)
  • 右バックポケットに付けられた赤タブ(1937年から)

(細かいステッチのディテール変更は時代ごとに行われています。)

上に挙げた様な伝統あるディテールを備えているのが501の特徴です。また、それらの一部はリーバイスのジーンズの特徴でもあります。

上の項目で、生デニムについては、日本の現行501には復刻品を除いて存在しません。米国では、生デニム使用の501はShrink-to-Fitのラインとして、変わらず主力製品として位置づけられています。

リーバイスジャパンの2014年秋新作コレクションのDOUBLE STITCHは、現時点でメンズの511, 504, 513とトラッカージャケットで構成されています。

リーバイスジャパンのオンラインストアを見ると、501の露出が非常に小さいのが印象的です。501は人気がないのか??売れていないのか?

疑問は深まります。501はジーンズの原点、リーバイスの原点の基幹商品であるとのイメージが私の中にはあります。自分にとって、ジーンズと言えば501です。

自分の考えが古いのか?501は廃れてきているのか?

少し不安を覚えて、米国リーバイス社のオンラインストアを見てみました。以下、米国リーバイス社のオンラインストアのトップページのスクリーン録画です。


バナーは、現在企画進行中の”LIVE IN LEVI'S"のプロジェクト他、プロモーションしている企画やメッセージ等です。



大きいトップバナーの下に、3つのタイル状のバナーがあります。"BACK TO SCHOOL MUST-HAVES", "THE DENIM EVENT", "501® SHOP"です。

一番目はこの秋からの新学期に向けたマストハブ・アイテムの紹介、二番目はシーズンの移り変わりでの特定商品のセール、三番目は501です。


このことは、米国リーバイスのオンラインストアで、501が主力製品であることを示していると思います。


これを見て、安心しました。


ジーンズ競合他社が望んでも手に入れられない伝統ある歴史、知名度、そして魅力を501は備えています。


日米の市場の違い、消費者の志向等もあるとは思います。リーバイスジャパンに米国のリーバイスの様にした方が良いと言うつもりはありません。


しかし、リーバイスジャパンも501と言う歴史ある素晴らしい製品の売り込みに力を入れて欲しいと切に願っています。


(追記)

米国のリーバイスのオンラインストアにもダブルステッチの511とトラッカージャケットが販売されているのを見つけました。

ホームのページやMENSのページのコレクションやカテゴリーにはDOUBLE STITCHはなく、基本的に露出は全くありません。検索して見つけました。

ジャパンもそれ程プッシュしているコレクションではないと思いますが、米国ではプッシュは全く感じられません。

新製品ではなく既にセールの対象になっています。二つのうちの一つのレビューでは、生地がもの凄く薄くデニムとはとても呼べる代物ではない。安っぽい。返品する。とのコメントがありました。

COMMENTS

BLOGGER: 4
  1. けいき2/11/2015

    初めまして。
    このブログにたまたま出合い、最初から読まさせて頂いてます。

    501が日本でなかなか全面に推されないのはボタンフライが若い子に受け入れられてないからではないでしょうか。

    数年前にRight-onの店員が言っていたのを思い出しました。

    また、私の考えですが、
    現在、日本で売られている501に1万円も出して買う魅力がありません。
    それは生地もですが、アーキュエットステッチ・赤タブ騒動で他社のレプリカジーンズを購入する層(私です笑)から、そっぽを向かれたからだと思います。

    もうひとつ。
    アメリカの匂いがしないです。
    アメリカラインがあるのにジャパンラインはちょっと…。

    だから、リーバイスジャパンは負のスパイラルに陥り、デザインに走ったりして抜け出せないのではないでしょうか。

    長々と書き込んでしまって、すみません。
    でも、矛盾しますが、リーバイスの501は好きです。

    返信削除
  2. けいきさん、

    はじめまして。コメントありがとうございます。大変興味深く拝読しました。

    リーバイスジャパンに対する(リーバイスの日本での)見方については、基本的に同じ意見を持っています。

    価格が高いこと。アメリカの匂いがしないこと。負のスパイラルに入っていること。まさに、おっしゃる通りだと思います。

    「アーキュエットステッチ・赤タブ騒動」と言うのは、リーバイスジャパンがレプリカブランドを訴えた件かと解釈しています。

    レプリカ愛好家からは、リーバイス・ジャパンのやり口に批判的な見方があると思います。

    大変恐縮なのですが、個人的な意見を申し上げます。

    アーキュエットや赤タブはリーバイスの商標であり、法律的にも認められた資産です。リーバイスが非常に長い期間使い続けてきた大変歴史のあるリーバイス製品の証です。

    商標を許可なく使用することは、法律的にも問題ですし、私は倫理的にもおかしいと思います。

    日本のレプリカブランドが、生地や造りにこだわり、質の高いものを作っているところは認めます。素晴らしいことだと思います。

    せっかく良いものを作っているのに、リーバイスが長年使ってきたリーバイス製品の証である意匠をコピーすることは問題だと考えます。

    リーバイスジャパンが具体的にどんな対処をしたのかは私は日本に住んでいないので良くわかっていません。アプローチが問題と思われているのかもしれないと思いました。

    立場が違えば見方も異なると思います。違う意見、価値観があるのは自然なことです。上に書いたのは、私の考えであって、けいきさんのお考えを否定する気持ちはありません。

    501がボタンフライであることは、伝統であり、生デニムを使用する限り必要な仕様であります。私はジーンズはボタンフライでないとしっくりきません。

    良くも悪くも、501はボタンフライです。リーバイスは過去に501のジッパーバージョンの501ZXX/502がありましたが、生産中止となりました。

    ジップフライが良いのであれば、501以外のジーンズとなるのは仕方ないと思います。

    尚、最近の10代から20代の若い世代の人たちの間では、リーバイスの人気が高まっているように思います。

    その理由の一つは、私のTwitterをフォローしてくださる若い方が多くなってきていることがあります。彼らのツイートを拝見すると、リーバイスやヴィンテージに対する興味を持っているツイートをしていたりします。

    人はそれぞれ考え方や価値観が異なります。ジーンズに対する好みも人それぞれです。一方で、時代や年齢層による嗜好傾向もあります。

    Twitterなどを見ていると、ジーンズに対する、世代による嗜好の差が結構ある気がします。

    90年代にヴィンテージブームが起きた時、当時、10代後半から20代前半位(20代全てでもいいかと思います。)の世代の人たちは、オリジナルのヴィンテージは値段が高騰してしまい買えない、その代わり、レプリカが手の届く価格帯で結構凝った造りをしているので、熱烈にそれを支持した人が多いと思います。

    彼らは、ヴィンテージのリーバイスには一目はおくものの、レプリカの方がコストパフォーマンスが優れ、造りも良く、色落ちも良いので、レプリカが好きな傾向があります。

    また、ここ20年くらいの間に、ファッションに対してお金をあまりかけない時代的な傾向、潮流が強くなっています。その時代の流れを掴み、成長してきたのがユニクロです。ユニクロのジーンズは、元リーバイスジャパンの人が中心となって立ち上げたそうです。

    日本では、一般的に価格を重視する人はユニクロ、色落ちにこだわる人はレプリカを求める場合が多いと思います。もちろん、リーバイスが好きな人もいます。

    ところが、上で書いたレプリカを支持する年齢層の下の世代、現在の10代から20代の年齢層では、新たな嗜好の傾向があるように思います。

    現在、10代から20代前半くらいの人でファッションに興味がある人たちは、リーバイスが好きだったり、ヴィンテージに興味を持っている人が増えてきているように思います。私のツイッターのフォロワーを見ても、高校生や大学生が結構多いです。

    彼らは、レプリカではなく、アメリカの元祖ジーンズのメーカーであるリーバイスや本物のヴィンテージに興味がある傾向があるように思います。世代間の認識や嗜好の差を最近、感じます。

    ジーンズはアメリカ文化の象徴です。そして、ジーンズの歴史には米国の若者文化、時代の流れ、出来事と密接な関係があります。

    ジーンズを生み出したリーバイスには、これからも頑張って欲しいと思います。

    非常に長くなってしまいました。長文、失礼いたしました。

    返信削除
    返信
    1. けいき2/12/2015

      丁寧な返事、ありがとうございます!!
      とても嬉しいです。

      私は、正にレプリカジーンズ世代の30代男性です。
      当時は中高生だったためレプリカで満足していました。
      それからデニムのインディゴの虜になりました。

      レプリカはレプリカなりの良さがあり、気軽に色落ちを楽しめる(ソコソコいい値段しますが)と思っています。
      現在は、リーバイスの模倣ではなく、時代ごとの生地を再現し、各メーカー、オリジナリティ色が強くなってきています。

      ここでレプリカをアピールするわけじゃないです汗。

      私は、ヴィンテージが好きで色々探求する気持ち、研究心、リーバイスに対する思い・愛情をお持ちの MyLevis501さん にとても強い共感を抱きました。
      同じ考えの人がいると思うと、嬉しいものですね。

      これからもよろしくお願いします。

      ちなみに現在、私はリーバイスのちぐはぐ復刻?94年米国製ビッグEを穿き込み中です。
      赤耳の幅はリーバイスジャパン並みの太さです笑。

      削除
  3. けいきさん、

    ご丁寧なお返事、こちらこそ、ありがとうございます。

    けいきさんが共感を持ってくださったとおっしゃっていただき、嬉しく思います。

    ツイッターを始めて、幅広い世代の人と繋がったり、ツイートを拝見して、その人たちの趣味や考え方などを知る機会が増えました。

    ツイッターだけではないのですが、世代によるある程度の嗜好の差・傾向があるなと思うようになっています。

    おっしゃる通りレプリカはレプリカの良さがあると思います。現在はリーバイスの模倣でなく、独自性を出していることは非常に好ましいことだと思います。

    赤タブやアーキュエットステッチは、リーバイスの登録商標で、社名やロゴ、ブランド名と基本的に同じです。ブランド品のロゴやブランド名を使用したら、いわゆる偽物を作っていることになります。

    そのような認識を持ちづらいと思いますし、法律的な解釈の仕方もあるかと思いますが、基本的には上に書いた意味になると思います。

    凝ったこだわりのある生地、良質な造り縫製は、やはり強力な魅力だと思います。商標を侵害せず、独自性を持ち、こだわりのある生地、縫製等で特徴をアピールすることは健全なことだと思います。

    おっしゃる通りレプリカにはレプリカの良さがあると思います。

    ジーンズは色々な魅力があり、楽しみ方、好みも人それぞれだと思います。

    復刻初期の94年米国製を履いてらっしゃるのですね!90年代の初め頃の初期の復刻的な製品が、あまりディテールに忠実に再現していないのは、当時は徹底してディテールを再現するようなコンセプトではなかったためだと思っています。

    私もいくつか復刻は手元にあります。67505は特に気に入っています。

    復刻は別にヴィンテージそっくりにする必要はないと考えます。オリジナルと全く同じものを作ることはできません。そもそも、オリジナルを真似をする必要があるのか?と考えます。

    私も501ロングデイの耳の幅が太すぎると不満を述べた記事を投稿していますが、ロングデイはロングデイの良さも結構あると思っています。実は結構、良い製品だと思っています。

    94年製の復刻をご愛用されるのも、凄く良いことだと思います。ジーンズは穿いてあげるのが一番だと思います。

    車を例にすると、かつての名車をそっくり再現するようなことはメーカーは普通しません。車は技術革新がかなりありますが、例えば、昔のフェラーリやポルシェなどの名車を復活させれば欲しがる人はいます。

    別に高価な車だけでなく、本田のS8やダットサンでもなんでも同じです。オートバイでも同じことは言えますが。。。

    レッドウイングも復刻を出していますが、忠実に再現していません。それでも、日本ではとても人気があります。

    日本では復刻やレプリカを望む人も多いと思うので、復刻を否定するつもりはありません。しかし、過去の名作を、如何に細かいところまで忠実に再現しようとしても、オリジナルとは異なります。

    そのため、独自性、現行製品である特徴もアピールすべきだと思います。話は戻ってしまいました。(汗)

    長々と失礼いたしました。

    これからもよろしくお願いいたします。

    返信削除

Sponsored Links$hide=mobile



名前

101-J,12,13MWZ,2,40年代,2,501 66後期,3,501 66前期,6,501 ロングデイ,11,501-1995,10,501CT,37,501STF,72,501XX,6,501と505の比較,1,501の手入れ法,10,501の歴史,20,505C,14,506xx,6,507xx,8,517,5,557と70505の違い,3,60年代,4,70505,12,80年代,11,866,1,877,1,Beatles,11,Bob Dylan,3,Book,2,Bruce Springsteen,8,eBay,1,food recipe,1,George Clooney,2,George Michael,1,Greeting,4,Jacob Davis,3,James Corden,2,James Dean,1,Ladies,4,Lee,9,Lee vs リーバイス,6,Lee200,8,Levi's,1,Love Me Do,1,LVC,11,Made in the USA製品,9,memory,2,Music,28,My Levi's 501,10,News,8,Paul McCartney,8,Prince,2,Ramones,4,Red Wing,23,redwing,12,Rolling Stones,6,SNS,9,Steve Jobs,5,Twitter,8,Very Special Memory,2,vintage catalog,1,vintage Levis,2,VOGUE,4,Western Style,2,Wrangler,11,アメリカ文化,3,ヴィンテージ,8,ヴィンテージ・ポスター,4,ヴィンテージ501,43,ヴィンテージ505,9,ヴィンテージジージャン,60,ヴィンテージディテール,1,ヴィンテージの手入れ,9,ヴィンテージの着こなし,7,ヴィンテージの魅力,10,ヴィンテージバンダナ,2,ヴィンテージラングラー,3,ヴィンテージリーバイス販促品,5,ヴィンテージ研究考察,26,ヴィンテージ考,7,ヴィンテージ小物,9,ヴィンテージ全般,14,ウエスタンシャツ,1,オススメ,10,お知らせ,6,ギャラ入り,1,コーンミルズ,4,コラム,2,サード,13,ジーンズのサイズ,6,ジーンズの選び方,4,ジーンズの魅力,3,ジーンズ考,8,ジーンズ市場考察,5,ジーンズ用語,3,ジェーンバーキン,4,シンディクロフォード,2,スティーブマックイーン,6,スペシャルヴィンテージ,2,セカンド,2,タイプ物,5,タブレット,4,デニムのオンス数,4,デニムの歴史,13,ビデオ,9,ファースト,2,ブランケット付きジージャン,2,ブログ運営,9,ペンドルトンウールシャツ,8,ボーイフレンドジーンズ,4,マーロンブランド,6,モデル・年代判定,4,モハメッドアリ,1,リーバイス,17,リーバイス 501,32,リーバイス 501 レディース,20,リーバイス・オンラインストア,1,リーバイス・スタジアム,3,リーバイス505,8,リーバイスコマーシャル,8,リーバイスの歴史,29,リーバイスブック,10,リーバイス考察,42,リーバイス製品とのつき合い,8,リーバイス発表・広告,6,ロングホーンインポートFlash!,19,映画・映画俳優,7,革パッチ501XX,3,現行リーバイス501,18,最古のジーンズ,4,女性用リーバイス,23,色落ち,8,人気記事,1,製品比較,18,石鹸・洗剤,5,穿き込み経過レポート,22,日米現行製品比較,3,米国製501,22,用語解説,2,料理,1,
ltr
item
私のリーバイス: リーバイスジャパン 秋の新作 DOUBLE STITCH コレクション
リーバイスジャパン 秋の新作 DOUBLE STITCH コレクション
リーバイスジャパンの2014年秋の新作シリーズ、”ダブルステッチ・コレクション”について、日米のリーバイスのオンラインストアにおける2014年秋冬のコレクションのバナーや構成等について比較を行っています。
http://2.bp.blogspot.com/-6t6LcZuVFo4/U_ulo2Gs7pI/AAAAAAAAGis/2P9OYlhfm1A/s1600/Levis-J%2BDouble%2BStitch%2BBanner%2Bfall%2B2014.png
http://2.bp.blogspot.com/-6t6LcZuVFo4/U_ulo2Gs7pI/AAAAAAAAGis/2P9OYlhfm1A/s72-c/Levis-J%2BDouble%2BStitch%2BBanner%2Bfall%2B2014.png
私のリーバイス
https://www.mylevis501.com/2014/08/levis-japan-double-stitch.html
https://www.mylevis501.com/
https://www.mylevis501.com/
https://www.mylevis501.com/2014/08/levis-japan-double-stitch.html
true
2278967306116535087
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS PREMIUM CONTENT IS LOCKED STEP 1: Share to a social network STEP 2: Click the link on your social network Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy Table of Content