Sponsored Links$hide=mobile

なぜリーバイスジャパンは、シュリンクトゥフィットに消極的なのか?

リーバイスジャパンは、501の大きな特徴である生デニムを使用したシュリンクトゥフィットには、積極的に取り組んでいない様に思います。
501 ロングデイ(左)と501STF(右)
そう思う理由は、
  • 過去の501のモデルで、生デニム(リジッド)を使用したものは少ない。
  • 生デニムのレギュラー501モデルを用意していないことの方が多い。(現在もそうです。)
  • 生デニム使用のモデルでも、シュリンクトゥフィットという言葉をあまり使わない。(501CT STFの商品ページには、シュリンクトゥフィットという言葉は登場しません)
などからです。

なぜ、リーバイスジャパンは、シュリンクトゥフィットに消極的なのか?について、考察してみます。

先にお断りすると、この考察は考察でしかありません。事実そうだというようなことにはなりません。また、複雑な事情、要因が重なって絡み合っていると思います。

数日前に投稿した記事、501CT STFについての疑問とリーバイスジャパン考にも書いたように、まず頭に浮かんだのは以下のような理由です。

  1. 生デニムは、洗濯後大きく縮むので、サイズ選択が難しくユーザーが混乱することが予想される。
  2. サイズの選択ミスで発生するクレームが懸念される。クレーム処理対応の手間を防ぎたい。
  3. 店員に生デニム使用モデルの特徴を理解させるための社員教育が必要になる。

これらは主にメーカー側の販売におけるコストや手間などの理由です。大なり小なりネガティブな要素があります。

しかし、これらのコストなどの問題は、生デニムを使用したモデルが、良く売れるのであれば、多少お金をかけてシュリンクトゥフィットについての特徴や縮み前と縮み後のサイズ例を紹介したり、社員教育を行えば、解決できる問題です。

ある程度売れれば、ROI(Return On Investment, 投資効果)
的には問題ないと思います。

市場による理由も考えられます。例を挙げます。


  1. 日本では、シュリンクトゥフィットに興味、魅力を感じる人は少ない。
  2. サイズ選びが難しいので、ユーザーから嫌がられる。
  3. 日本では、防縮加工デニムを好む人が多い。

1や2は、特に可能性としては十分にあると思います。3と2は表裏一体です。

リジッドは、色落ちを追求する人たちから好まれています。リジッドには、生デニムと防縮加工デニムがあります。両方とも糊付きで未洗いの状態のデニム生地です。


備考:防縮加工の未洗いデニムも生デニムとする人もいるようですが、生(RAW)というのは加工が加えられていないということが本質的な意味としてあります。また、生デニムは大きく縮むという特性があり、防縮加工を施した未洗いデニムは縮みが少ないので、大きな違いがあります。

501のリジッドは、全て生デニムです。LVCの501 リジッドも、(もちろん)生デニムです。
レプリカブランドのジーンズも生デニムが多いようです。

生デニムのリジッドのジーンズを好んで穿く色落ちを追求する人たちの間で、シュリンクトゥフィットであることへの興味・魅力という声をほとんど聞いた(実際には目にした)ことがありません。

シュリンクトゥフィットは、特に述べるような特徴ではないと考えているだけかもしれませんが、基本的にほとんど話題にはなっていないという気がします

リジッドを穿く人たちの間でも話題にならないと言うことは、日本では、シュリンクトゥフィットに興味を持つ人は多くないことを示唆していると考えることもできます。

しかし、ブログ私のリーバイスの全記事の中で、最も読まれている記事は、”生デニムの501を穿いてお風呂に入り、穿いたまま乾かす!”です。

この記事は、シュリンクトゥフィットについての話です。一般的にジーンズで関心が高い色落ちとは、全く関係のない記事ですが、当ブログの中ではダントツ一位です。

読まれた数も物凄い数です。

日本でもシュリンクトゥフィットについての関心は高いと思います。

(当ブログはアクセス数は公開していませんが、リーバイスジャパンさんがお問い合わせくださるのであれば、私のブログのアクセス数や記事単独アクセス数の詳細をお知らせします。)

シュリンクトゥフィットは、501が誕生以来持っている固有の特徴です。


リーバイスジャパンさんが、シュリンクトゥフィットについて説明、宣伝すれば、501のイメージや売り上げの向上にも寄与すると思います。

ここから先は、憶測が多分に含まれることを書きます。



どの会社もそうですが、社内特有の事情を抱えています。社外の人間には決して分からないようなことも多々あります。

また、社内でも色々な立場の人がいます。立場によって、意見も分かれることは自然なことです。

そして、リーバイスの様なアメリカに本社、日本に子会社がある場合、親会社と子会社特有の関係があったりします。

リーバイスジャパンとしては、日本市場に合った製品を企画、開発し、販売することが求められます。

リーバイスジャパンの会社のページにLevi's ICONSと言うバナーがあります。Icon/アイコンは、象徴と言う意味があります。

Levi's ICONSのページです。
このページを見た時、正直、驚きました。
501は511と共に表示され、ジーンズの一種類の様な位置付けです。そしてトラッカージャケットとウエスタンシャツが並んでいます。

リーバイスのアイコンといえば、真っ先に501がイメージとして浮かびます。

511と501を同列に扱う!!?

トラッカージャケットって、リーバイスのアイコンか?

ウエスタンシャツに至っては、絶対リーバイスのアイコンではない!

と思いました。

しかし、冷静に考えると、これはリーバイスジャパンの立場を良く表していると思います。

511は、リーバイスジャパンが日本市場向けに開発し育てたブランド(モデル番号)です。511は人気もあります。

リーバイスジャパンにとっては、511は501と同じかそれ以上に大切なブランドだと思います。

リーバイスジャパンのサイト内の”ABOUT LEVI'S リーバイス社とは”には、「すべてのジーンズはリーバイスから始まった。」とタイトルがあり、会社の説明があります。
そこには、501ではなく、ジーンズという言葉が使われています。501という言葉は、説明の中にも登場しません。

リーバイスの歴史は、501の歴史と同義であると私は思っています。しかし、リーバイスジャパンにとっては違うのだと思います。

立場が異なれば、考えも異なるのは、自然なことです。

アメリカと同じものを日本で売るのでも良いのでしょうが、そうであれば、リーバイスジャパンの役割は売ることのみになります。

リーバイスジャパンとしては、独自の企画の製品を売りたいと言う立場的事情があるのだと思います。

米国製501が製造中止になった2002年より前は、日本とアメリカの501は基本的に同じものでした。(細かく言うと、90年代の米国製501は、日本市場向けに濃い色に染められていました。)

しかし、2003年以降はリーバイスジャパンが、501も日本市場向けに企画、開発できる様になりました。

個人的には、米国モデルの501STFを7000-8000円くらいで、リーバイスジャパンが販売すれば、かなりの数売れると思っています。

しかし、それではリーバイスジャパンとしては、基本的に流通販売している部分しか役割がありません。

一度、手に入れた役割、企画開発を手放したくないという内情もあるのではと思います。これはその役割・業務を持つ立場の人であれば、当然とも言えることと思います。

仮に、ジャパンでも独自の501シュリンクトゥフィットを企画し販売して、ある程度売れた時、501シュリンクトゥフィットだったら、本国のと同じで良いじゃないかと言う声が、内外から上がる可能性も(十分に)あります。

または、企画の段階で、シュリンクトゥフィットだったら、本国のと同じにしなさいと言わるので、企画自体として成立しない可能性もあるかと思います。

リーバイスジャパンにとって、501のシュリンクトゥフィットは、安易に着手できない微妙な存在なのかもしれません。

備考:これは完全に私個人の考察です。実際の事情は、社外の人間が知ることはできません。また、社内の人でも立場が違えば、意見も異なります。こうである。こうすべきだ。と言う様な単純な話ではないということをお断りさせていただきます。


COMMENTS

BLOGGER: 7
Loading...

Sponsored Links

Sponsored Links$hide=mobile



名前

101-J,12,13MWZ,2,40年代,2,501 66後期,3,501 66前期,6,501 ロングデイ,11,501CT,37,501STF,69,501XX,6,501と505の比較,1,501の手入れ法,10,501の歴史,20,505C,14,506xx,6,507xx,8,517,5,557と70505の違い,3,60年代,4,70505,12,80年代,11,866,1,877,1,Beatles,11,Bob Dylan,3,Book,2,Bruce Springsteen,8,eBay,1,food recipe,1,George Clooney,2,George Michael,1,Greeting,4,Jacob Davis,3,James Corden,2,James Dean,1,Ladies,4,Lee,9,Lee vs リーバイス,6,Lee200,8,Levi's,1,Love Me Do,1,LVC,11,Made in the USA製品,9,memory,2,Music,28,My Levi's 501,10,News,8,Paul McCartney,8,Prince,2,Ramones,4,Red Wing,22,redwing,12,Rolling Stones,6,SNS,9,Steve Jobs,5,Twitter,8,Very Special Memory,2,vintage catalog,1,vintage Levis,2,VOGUE,4,Western Style,2,Wrangler,11,アメリカ文化,3,ヴィンテージ,8,ヴィンテージ・ポスター,4,ヴィンテージ501,43,ヴィンテージ505,9,ヴィンテージジージャン,60,ヴィンテージディテール,1,ヴィンテージの手入れ,9,ヴィンテージの着こなし,7,ヴィンテージの魅力,10,ヴィンテージバンダナ,2,ヴィンテージラングラー,3,ヴィンテージリーバイス販促品,5,ヴィンテージ研究考察,26,ヴィンテージ考,7,ヴィンテージ小物,9,ヴィンテージ全般,14,ウエスタンシャツ,1,オススメ,10,お知らせ,4,ギャラ入り,1,コーンミルズ,4,コラム,2,サード,13,ジーンズのサイズ,6,ジーンズの選び方,4,ジーンズの魅力,3,ジーンズ考,8,ジーンズ市場考察,5,ジーンズ用語,3,ジェーンバーキン,4,シンディクロフォード,2,スティーブマックイーン,6,スペシャルヴィンテージ,2,セカンド,2,タイプ物,5,タブレット,4,デニムのオンス数,4,デニムの歴史,13,ビデオ,9,ファースト,2,ブランケット付きジージャン,2,ブログ運営,8,ペンドルトンウールシャツ,8,ボーイフレンドジーンズ,4,マーロンブランド,6,モデル・年代判定,4,モハメッドアリ,1,リーバイス,17,リーバイス 501,31,リーバイス 501 レディース,19,リーバイス・オンラインストア,1,リーバイス・スタジアム,3,リーバイス505,8,リーバイスコマーシャル,8,リーバイスの歴史,29,リーバイス考察,31,リーバイス製品とのつき合い,7,リーバイス発表・広告,6,ロングホーンインポートFlash!,19,映画・映画俳優,7,革パッチ501XX,3,現行リーバイス501,6,最古のジーンズ,4,女性用リーバイス,23,色落ち,8,人気記事,1,製品比較,16,石鹸・洗剤,5,穿き込み経過レポート,22,日米現行製品比較,3,米国製501,19,用語解説,2,料理,1,
ltr
item
私のリーバイス: なぜリーバイスジャパンは、シュリンクトゥフィットに消極的なのか?
なぜリーバイスジャパンは、シュリンクトゥフィットに消極的なのか?
リーバイスジャパンは、501の大きな特徴である生デニムを使用したシュリンクトゥフィットには、積極的に取り組んでいない様に思います。なぜなのかについて、考察を行いました。
https://2.bp.blogspot.com/-pGXMqZ5HSSE/VseRwgGS_iI/AAAAAAAAKmI/ogXCaWh316I/s400/DSC_0025.jpg
https://2.bp.blogspot.com/-pGXMqZ5HSSE/VseRwgGS_iI/AAAAAAAAKmI/ogXCaWh316I/s72-c/DSC_0025.jpg
私のリーバイス
http://www.mylevis501.com/2016/02/levis-j-on-stf.html
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/
http://www.mylevis501.com/2016/02/levis-j-on-stf.html
true
2278967306116535087
UTF-8
Loaded All Posts Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy